電話予約

外来予約

  • 手の外科
  • 婦人科
  • 女性泌尿器科
  • 乳腺外科

人間ドック

  • 総合健診
  • PETコース
  • 子宮がん検診
  • 乳がん検診

web予約

一部診療科についてはweb予約可能です。

代償性発汗とは

手掌多汗症に対して胸腔鏡下交感神経遮断術(ETS)を実施した方に見られる副作用です。暑い時や運動した時の汗の量が増える状態を指します。発汗が認められる範囲は、エクリン腺の分布の多い胸・背中・胴回り・大腿部・膝裏が多いですが、他の部位から出ることもあります。手術前の手汗の量とは相関がありません(術前に手から出ていた汗の量が、他のところから出るわけではありません)。

個人差が非常に大きく、どの程度、どの部位に代償性発汗が出現するかを手術前に完全に予測することは、現時点では不可能です。

外科的治療は非常に満足度の高い治療ですが、本治療を受けた90%程度の方に代償性発汗が認められるとされています。その多くは、他部位からの汗の増加を自覚はするが気にならない程度である、もしくは代償性発汗は認められてもひどい手汗から解放されて本当に良かったと回答されています。

しかし一方で、手術を受けた1~2%の方は、ひどい代償性発汗のために生活の質が落ちたというご意見もいただいています。

2021年8月現在、6300例中、40名(男性が8割)の方が、ひどい代償性発汗のための治療にて通院されております。

代償性発汗は、程度の差こそあれ多くの方に認められるため、当院での手術を選択する際は、以下を考慮して判断することが大切です。

  • どれだけ手汗に困っているか
  • 手汗により日常生活が著しく制限されているか
  • ETSの副作用として、程度の差こそあれ代償性発汗が90%に出現する。(予測ができない)

代償性発汗を軽減するための対応

手術時に術後の代償性発汗を減らすための様々な工夫が一部の施設において行われていますが、医学的なエビデンス(この治療法がよいといえる証拠)に基づくものではありません。

現在、試みとして行われている主なものとして、2つの方法があります。ご希望に沿って対応します。

T3もしくはT4の交感神経幹のみを遮断する。

以前は、T2・T3・T4の交感神経幹遮断術が多く行われていましたが、重度の代償性発汗が多くの方に認められたため、現在ではT2の遮断は行われなくなりました。そのため、現在はT3・T4の交感神経幹の遮断が国際標準の治療となっておりますが、T3もしくはT4の交感神経幹のみを遮断する治療が試みられています。どちらか一方だけ遮断した場合、十分に汗が止まらない方や、時間の経過で手汗が再発してきたという方が報告されています。当院でも、患者さまの希望によりT4のみの遮断を50人の方に行いましたが、結果的に18人の方に十分に汗が止まらなかったという理由でT3の遮断を追加しています。追加で手術を行う場合、癒着により手術を完遂できない可能性があります。2回目の手術を受けた場合にも保険は適用されますが、費用は1回目と同程度です。

片側(利き手)から手術して、一定期間をあけたのちにもう片方を手術する。

片側を遮断した後の代償性発汗の程度をみて、ひどくなければもう片方を手術するというもので、主に日本で行われています。しかし、片側のみに代償性発汗が認められるという状態が苦痛だと感じられる方も少なからずいらっしゃいます。特に、顔の半分のみに汗が出たり、逆に止まっている状態というのが非常に苦痛であると訴えられます。片側のみ手術を受けても、両側の手術を受けても、手術費用は同額です。反対側の手術を受ける場合にも保険は適用されますが、費用は結果として2倍かかることになります。

代償性発汗の治療

当院では、患者さまの状態に応じて内服治療や外用治療、ミラドライ治療を行っています。

内服治療

プロ・バンサイン(一般名:プロパンテリン臭化物)の内服を行います。神経伝達物質であるアセチルコリンの働きを妨げる薬で(抗コリン薬)、多汗症に対する内服薬として唯一保険適用となっています。緊張などで代償性発汗が誘発される場合、自律神経調整剤であるグランダキシン(一般名:トフィソパム)の内服を併用することがあります。プロ・バンサインの副作用として、目のかすみ・口の渇き・頭痛・眠気などを感じることがあります。併存疾患により、処方できない場合があります。

外用治療

塩化アルミニウム製剤、塩化アルミニウム製剤、抗コリン製剤の外用を行います。代償性発汗は、通常の発汗よりも発汗速度が速く、外用治療による効果を認めにくい場合があります。

ミラドライ治療について

ミラドライは、マイクロ波を用いて汗腺(エクリン腺・アポクリン腺)を焼灼・凝固させる治療です。日本では、原発性腋窩多汗症に対してのみ薬事承認を取得しています。原理的に汗腺の存在する他の部位に対しても安全に施術可能であり、当院では2022年7月より代償性発汗に対するミラドライ治療を行なっています(自費診療)。

特長
局所麻酔で行います。1回の治療で、3時間の照射が可能です(ミラドライの設定のため)。当院ではオリジナルのテンプレートを作成し、1度にA4サイズの範囲を治療しています。
この治療を必要とする方
当院の倫理委員会の承認のもと、臨床研究として行います。
  • 代償性発汗の範囲が、ヨードでんぷん反応などで特定できる方。
  • 内服治療・外用治療によってもコントロール不良な方。

ペースメーカー、他の電子機器が埋め込まれている方、治療部位の近くに金属製のインプラント等が埋め込まれている方、治療部位に刺青のある方、治療部位に悪性腫瘍または皮膚悪性腫瘍がある方、妊娠中の方は治療ができません。また、局所麻酔薬にアレルギーのある方、創傷治癒に問題があると判断した場合も治療はできません。手術後などで治療部に瘢痕組織のある方、もしくは感染性の皮膚疾患のある部位は治療を行えないことがあります。

ご予約・お問い合わせ

受診希望の方は、ご予約をお取りください。