子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)
40代女性の4人に1人が持っているといわれています。
【監修/子安保喜医師】
関連キーワード
  • 筋腫
  • 子宮
  • 症状
  • 漿膜下筋腫
  • 粘膜下筋腫
  • 肥大
子宮筋腫の種類

子宮筋腫とは

子宮筋腫とは子宮の筋肉から発生した腫瘍で、カプセルに包まれたような形をしています。子宮筋腫は良性疾患なので命に別状はありません。しかし、子宮筋腫にかかる女性は、とても多いことがわかっています。
厚生労働省の調査によれば、40代の女性の4人に1人が子宮筋腫を持っているといわれ、注意が必要です。


良性疾患であるからと、子宮筋腫を軽視するのは危険です。
子宮筋腫による月経痛によって仕事や家事を休むだけにとどまらず、激痛により救急車で運ばれる患者さんもいます。
子宮筋腫によって貧血が徐々に悪くなると体の変化もゆっくりのため慣れてしまって気づかない人が多いのですが、めまいや動悸を引き起こすだけでなく、心臓などほかの臓器に負担をかけ、臓器の機能低下、免疫力の低下もおこります。

また、子宮筋腫はしばしば不妊の原因になりますし、可能性は低いもののごくまれに悪性腫瘍の一種である「子宮肉腫」が見つかることがあります。

子宮筋腫の種類

子宮筋腫の種類は発生する位置によって分けられます。子宮そのものでいうと、多くの子宮筋腫は子宮体部に発生しますが、ときに子宮底部といって子宮体部の頂や、子宮頸部といって子宮の入り口に近いところに発生することもあります。
子宮の筋肉でいうと、子宮の外側に子宮筋腫が出っ張ってくる漿膜下筋腫、筋肉の中で大きくなる筋層内筋腫、内腔のほうに飛び出してくる粘膜下筋腫などがあり、それぞれで症状は異なります。

発生する理由

子宮筋腫のはっきりした原因は分かっていませんが、一つだけ分かっているのは、女性ホルモン、特にエストロゲン(卵胞ホルモン)の影響で子宮筋腫が大きくなることです。
ですから、赤ちゃんや幼稚園児、小学生には子宮筋腫は全く見当たらず、高校生、大学生になると散見されるようになります。子宮筋腫は30代後半から40代になると急激に増えますが、これはその年代に症状が出てきたり、ガン検診を受けられる方が多く、そのときに見つかるケースが多いことによると思われます。

子宮筋腫の症状

子宮筋腫の一般的な症状で多いのは、月経時に出てくる症状です。
たとえば、月経期間が長くなったり、月経出血量が多くなったり、不正性器出血が頻繁に起きたりするほか、月経時に強い月経痛が起きたりします。
子宮筋腫が大きくなってくると、周囲を圧迫する症状が出てきます。
典型的なのは膀胱圧迫症状で、おしっこが非常に近くなります。さらに大きくなると便通異常、いわゆる便秘になります。そうなったら下腹部が出っ張ってきますし、触ると固いことが多いので、早めに受診されたほうがいいでしょう。

子宮筋腫の特に怖い症状

漿膜下筋腫の一種で子宮の外に発育していく有茎漿膜下筋腫は、茎の部分がねじれて筋腫捻転が起こると、大激痛に襲われ、即手術ということになります。この子宮筋腫が怖いのは、ねじれると壊死が起こり、そのままにしておくと腹膜炎になるなど合併症が起きて、症状が重篤になります。

子宮筋腫の症状で一番怖いのは粘膜下筋腫です。
月経時にボコボコと溢れるようなとんでもない量の出血が起きると、出血性ショックになることもありますし、過多月経が続くと、高度な貧血を呈します。ですから子宮筋腫だからといって決して軽く考えてはいけません。

子宮筋腫の症状のうち、貧血は軽視されがちな症状です。貧血があっても「無症状」という認識の患者さんも少なくありません。しかし、これはとても危険です。貧血の症状は徐々に悪くなります。体の変化もゆっくりおこり慣れてしまうため気付かない人が多いのですが、めまいや動悸などの症状を引き起こすだけでなくほかの臓器に負担をかけます。

例えば、循環している血液成分が少なくなるため、心臓が速く動いて体に血液を回すことが必要になります。 この結果、脈拍が多くなり、心臓に負担をかけ、場合によっては心臓肥大を引き起こすこともあります。
また 酸素不足で栄養失調の血液しかもらえない臓器は機能も低下していき、免疫力低下などの症状も引き起こします。
自覚症状が軽いといっても油断は禁物です。

診療予約のご案内
診療予約受付:電話番号03-3261-0414 (9:00-17:00・日曜/祭日を除く)
ページの先頭へ戻る