骨盤臓器脱・性器脱(こつばんぞうきだつ・せいきだつ)

女性に日常的に見られる疾患です。一人で悩まないで。
【監修/嘉村康邦医師】
関連キーワード
  • 子宮脱
  • 性器脱
  • 膀胱脱
  • 直腸脱
  • 子宮下垂
  • 尿道脱
骨盤臓器脱・性器脱

■悩みにさよならしたい方、集まれ!
女性泌尿器科では、泌尿器科症状でお悩みをお持ちの女性が【より豊かな生活を送れるように】という考えのもと、
スワンの会を設立しました。
第4回を2017年1月31日(火)に開催致します。
ご興味のある方はこちらのページをご参照下さい。

子宮脱などの骨盤臓器脱(性器脱)とは

子宮脱、子宮下垂、直腸脱、膀胱脱、尿道脱などの骨盤臓器脱性器脱)は非常に多くの女性を悩ませる“おしも”の不具合で、とくに更年期以降の女性にしばしば認められます。日本ではまだ正確な頻度は報告されていませんが、お産を経験された女性の約半数が、生涯のうちに何らかの形の骨盤臓器脱を生じるとされるほど多い疾患です。しかしたとえ症状があって困っていても、羞恥心などから受診されず一人悩んでおられる女性が非常に多いと考えられます。ここでは子宮脱などの骨盤臓器脱の原因や種類、症状、さらに診断、対処法などを説明するとともに、四谷メディカルキューブにおける手術療法についてもご紹介します。

骨盤臓器脱(性器脱)の概念と原因

女性の骨盤の底には、子どもを生むために産道という大きな穴が空いています。
この穴をふさぐようにして骨盤底筋群という筋肉がハンモック状に張られていて、骨盤内の臓器(膀胱、子宮、直腸)が落ちないように支えています(右図)。またこの骨盤底筋群が収縮することによって、尿道や膣そして直腸が締まり尿や便が漏れない仕組みになっています。

出産や加齢、肥満によって骨盤底筋群が傷ついたり緩む(骨盤底障害)と、尿や便が漏れてきます(排尿・排便障害)。さらに、支えを失った骨盤内臓器が産道、つまり膣をめがけて落ちてくることがあります。これが子宮脱などの骨盤臓器脱(性器脱)です。

子宮脱などの骨盤臓器脱(性器脱)の原因として最も有力視されているのは経膣分娩です。
分娩の際、赤ちゃんの頭が産道にいる時間が長いと、骨盤底筋のダメージが強いとされます。つまり赤ちゃんが産道を通過するときに、骨盤底筋が引き伸ばされ障害を受けるわけです。ただし、筋肉は比較的早く回復します。むしろ筋肉の中にある神経が障害され(脱神経)、骨盤底筋の収縮が悪くなると考えられます。
その他、肥満や慢性の咳(喘息など)、重いものを持ち上げたりする仕事、常習便秘など、腹圧が上昇し骨盤底に強い負荷が加わるものは骨盤臓器脱(性器脱)を起こしやすくします。

子宮脱・膀胱脱・直腸瘤など骨盤臓器脱の種類

骨盤臓器脱(性器脱)には落ちてくる臓器によって、(1)尿道脱、(2)膀胱瘤(膀胱脱)、(3)子宮脱、(4)小腸脱、(5)直腸瘤と、さまざまな形態があります(右図)。
ただこの呼び方は、少し紛らわしいところがあります。
たとえば膀胱脱というと膀胱が悪いと思われがちですが、膀胱に異常があるわけではありません。膀胱を支えている前方の膣の壁が弱くなったために、膣内に膀胱が飛び出てくるのです。
同様に直腸脱も直腸には異常はなく、後方の膣の壁が弱くなりそこへ直腸が落ち込んで膣内に飛び出します。

そこで膣のどの部位が弱くなって脱が起こっているかで、骨盤臓器脱をタイプ分けすることもあります。つまり膣の前方、後方、上部(尖部)のどの部位が弱くなっているのかで分類します。
膣の前方が弱くなると膀胱瘤(膀胱脱)と尿道脱が、膣の後方が弱くなると小腸脱と直腸瘤が、そして膣の上部が弱くなれば子宮脱や膣断端脱(子宮を摘出された女性の場合)が起こってきます。頻度としては膣の前方の壁が弱くなって起こる膀胱脱が最も多く、ついで直腸脱や子宮脱が続きます。
ただし複数の骨盤臓器脱を同時に認めることもよくあります。

もっとも重症の骨盤臓器脱と考えられるのが完全子宮脱で、これは膣が完全に外翻(体の外にめくれ出る状態)してしまい、子宮が股の間にぶら下がった形となります(右図)。

骨盤臓器脱のシネMRI動画

体を縦半分に切って見た時のいきみ時のMRI動画。
正常ではいきんでも骨盤内臓器の位置は大きくかわらないが、骨盤臓器脱患者さんでは各臓器の下垂を認めます。

(1)正常のシネMRI動画
(1)正常のシネMRI動画
(2)膀胱瘤のシネMRI動画
(2)膀胱瘤のシネMRI動画
(3)子宮脱のシネMRI動画
(3)子宮脱のシネMRI動画
(4)直腸瘤のシネMRI動画
(4)直腸瘤のシネMRI動画
(5)小腸瘤・膣断端脱のシネMRI動画(子宮摘除後の方)
(5)小腸瘤・膣断端脱のシネMRI動画
(子宮摘除後の方)

膀胱瘤(膀胱脱)・直腸瘤・子宮脱の症状

一般に軽度の骨盤臓器脱(性器脱)では無症状です。ただし個人差があり、軽症の骨盤臓器脱でも強く症状を訴える方が時にみられます。脱が進行すると、その脱出部位に応じた症状が出てきます。
膀胱瘤や尿道脱では、しばしば尿失禁や頻尿を認めます。膀胱瘤が高度になると、逆に排尿困難を認める場合もあります。
直腸瘤では便秘や排便困難が出現しやすく、ひどくなると排便時に膣内に指を入れ、脱出している直腸を押してやらないと排便できない場合があります。
子宮脱では陰部に何か物があるような感じ(膣内異物感)や、陰部が引っ張られているような、あるいは重苦しいといった症状を訴えます。「いすに座っていると、ボールの上に乗っているような感じがする」、「何かが落ちてきているみたいな(下垂感)・・・」という訴えも良く聞かれる症状です。「体の心棒が取れてしまったような、なんとなく不快」という表現をする方もいます。子宮脱が高度になれば、子宮が膣内から飛び出すようになり、自分の手で膣口に何かを触れたり、また粘膜がただれ炎症を起こしたりします。

どのような骨盤臓器脱でも認められることは、横になると症状が楽になることです。
骨盤臓器脱は重力に伴って骨盤内の臓器が膣内に落ち込むわけですから、通常寝ているときには症状はでません。朝起きてから午前中はまだいいが、午後になると調子が悪いという方が多いのですが、これも骨盤臓器脱の症状の特徴といえます。
いずれにしても、命を脅かすような疾患ではないのですが、著しく生活の質を下げるのが子宮脱などの骨盤臓器脱です。
骨盤臓器脱は、出産後数年以上経過した患者さんは自然にもとに戻ることはありません。
自分の手で膣口に何か触れる場合や、骨盤臓器脱の症状で、患者さんご自身がお困りであれば、受診をおすすめします。

診療予約のご案内
診療予約受付:電話番号03-3261-0414 (9:00-17:00・日曜/祭日を除く)
ページの先頭へ戻る
スマートフォンサイトを表示