女性専用外来

■乳腺外科お知らせ
組織体制の変更により、2017年3月13日(月)から当院乳腺外科におかかりになったことがある患者様に限り診療予約を再開致します。新規で乳腺外科の診療を希望される方及び乳がん検診の受付は、引き続き休止とさせていただきます。
患者様には大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解の程、宜しくお願い致します。

診療科紹介

診療科紹介

女性専用外来のウィメンズセンターでは、婦人科乳腺外科女性泌尿器科の各科で、それぞれの専門医が診療や相談に応じております。
※女性のがん死亡原因のトップである大腸がんについては、内視鏡センターでの大腸内視鏡検査、あるいは健診センターでのPET検診を受診されることをお勧めいたします。

※各科に女性医師がおりますので、女性医師による診察を希望される方は、ご予約の際にお申し出ください。

婦人科 乳腺外科
女性泌尿器科 PET検診
大腸内視鏡検査  
ページの先頭へ戻る

受診案内

当院は完全予約制となっております。下記の予約電話番号からご予約下さい。

ご予約窓口:電話番号03-3261-0414診療予定表はこちら

≫乳腺外科外来からのお知らせ ※受診希望の方は必ずご確認ください。

※ご来院の際は必ず保険証をお持ち下さい。

女性専用外来は、医師以外の男性が入らない女性専用フロアで行っています。
プライバシーを重視した設計の診察室や、時間帯によってアロマの香りを替えるなど、リラックスできる環境作りにも配慮しています。

PET検査、MRI、マンモグラフィやマンモトームなどの検査器機や、内視鏡手術に特化した手術室を持つ総合医療施設内にあるメリットを活かして、クリニックと大病院の長所を取り入れた、落ち着いた環境での精度の高い検査と治療を行っています。

また、各科の専門医が連携をとり、女性特有の疾患に対し総合的にサポートします。

受診案内
受診案内
ページの先頭へ戻る

当院の女性専用外来の特徴

一般的な女性専用のクリニックは検診や外来の診療が中心ですが、当院ウィメンズセンターではきずの小さな手術センターと連携して、外来診療から手術、入院まで同一施設内での対応が可能です。

婦人科ではセンター長で日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医の子安医師を中心に子宮筋腫卵巣嚢腫・子宮内膜症などの良性疾患に対し内視鏡手術を行っています。
女性泌尿器科では尿失禁子宮脱などの骨盤臓器脱の手術に対応しています。

また女性に多い疾患である胆石(胆嚢結石)、下肢静脈瘤、各種手の疾患についてもきずの小さな手術センターにて対応しています。詳しくはきずの小さな手術センターのページをご覧ください。

受診案内

四谷メディカルキューブの女性の手術と疾患

婦人科

筋腫だけを取り出し子宮を温存する子宮筋腫核出術など、良性疾患に対する手術を、きずが小さく、低侵襲で社会復帰が早くできる腹腔鏡下にて行っています。

女性泌尿器科

子宮脱などの骨盤臓器脱(性器脱)は非常に多くの女性を悩ませる“おしも”の不具合で、とくに更年期以降の女性に多い疾病です。

その他の手術・疾患

女性に多い上記の疾患の手術についても、きずの小さな手術センターにて対応しています。

ページの先頭へ戻る

よくある質問

ご予約について

予約しないと受診できませんか?また、予約のキャンセルは出来ますか?
完全予約制なので、ご予約が必要となります。まずは事前にお電話ください。
キャンセルの場合は必ず前日までにご連絡を頂きますようお願いいたします。
保険は使えますか?
外来の各科診療は、保険診療になります。
セカンドオピニオン外来は自費診療となります。

また手術に関しては、多汗症手術、胆嚢手術、一部の減量手術、手の外科手術、卵巣嚢腫手術・子宮内膜症手術・子宮筋腫の子宮全摘手術などの婦人科手術、骨盤臓器脱のTVM手術などの女性泌尿器科手術も保険が使えます。 減量手術、手の外科手術、子宮筋腫の子宮筋腫核出術の一部に関しては自費となります。
予約は何週間前から出来ますか?
3ヶ月前から受け付けています。

診察と検査について

診察や検査のときに子供(小学生以下)は連れて行けますか?
お子様だけが、待ち合いで過ごすことは、「安全面」「衛生面」「防犯面」から適切ではありませんので、ご遠慮いただいております。
また、託児施設はご用意しておりませんので、乳幼児のご同行もご遠慮ください。診察や検査の間は、お子様のお世話をすることはできません。
診察や検査のときに付き添いは必要ですか?
患者様ご自身で移動ができる方は、一人で移動していただきます。患者さまご自身での移動や、コミュニケーションをとることが困難な場合は、必ず付き添いの方と一緒にご来院いただきます。
検査によっては、検査時に付き添いの方も同伴していただきます。※PET/CT検査(約2時間)
薬は院外処方ですか?
原則、院外処方とさせていただいております。自費の薬と一部の薬のみ院内処方となります。近隣の薬局もご案内しております。
支払いで、クレジットカードは使えますか?
VISA、マスター、アメリカン・エキスプレス、JCB、DC、ダイナース、NICOS、UFJがご利用いただけます。
一括、分割、リボ払いが可能ですが、ボーナス払いは受付けておりません。その他、デビットカードでもお支払い可能です。
風邪や頭痛など見てもらえないのですか?
総合内科にて対応いたします。完全予約制なので、ご予約が必要となります。まずは事前にお電話ください。
当日、検査は受けられるのでしょうか?
血液検査、尿検査、心電図、腹部エコー、心エコー、CT、MRIなど診察後、医師が必要と判断したものは受けていただけます。
内容により、当日不可能な場合もございます。結果が出るまでに、お時間がかかります。また、一部当日結果の出ない検査もございますので、ご了承ください。
手術前にインフルエンザや風邪にかかってしまった場合、手術は受けられますか?
ご容態にもよりますが、数週間延期になることがあります。手術前に体調が悪くなった場合は、必ず受診科にお問い合わせください。
MRI検査はインプラントしていても受けられますか?
事前に問診をいたしますので、必ず申告してください。
MRI検査はアイメークをしていても受けられますか
アイシャドー等に含まれる顔料が画像に影響することがあります。アイメークはお控えいただくことをお勧めします。
各種予防接種後に内視鏡検査や画像検査は受けられますか?
検査が決まった時点で、担当の医師にご相談ください。
婦人科で内診はしたくないのですが、可能ですか?
内診をしなくても診察は出来ますので、その旨を医師にお伝え下さい。
生理の時でも婦人科の診察は出来ますか?
診察には問題ありません。尚、お体が辛いようでしたら、ご連絡下さい。
女性泌尿器科にかかる時の注意はありますか?
採尿をする場合がありますので、直前のお手洗いはご遠慮下さい。
生理の時でも女性泌尿器科の診察は出来ますか?
はい。採尿がありますが、中間尿でお願いしていますので、大丈夫です。
尚、お体が辛い場合はご連絡下さい。
乳腺外科受診の服装は何が良いですか?
マンモグラフィー検査や超音波検査を行う可能性がありますので、上半身のみ露出できるよう、上下別々の服装で来ていただければ大丈夫です。
ページの先頭へ戻る