医師紹介

白石 としえ(シライシ トシエ)

きずの小さな手術センター長
麻酔科部長

白石 としえ
専門科目
麻酔科
資格
日本麻酔科学会指導医
医学博士
略歴
島根大学卒業
東京医科大学麻酔学教室助手
戸田中央総合病院麻酔科勤務
厚生中央病院医長
所属学会等
日本麻酔科学会
日本臨床麻酔学会
日本集中治療学会
日本救急医学会
日本ペインクリニック学会
一言アピール
”まかせて安心”がモットーです。安全で、痛くない、そしてひとりひとりにやさしい麻酔を目指しています。
ページの先頭へ戻る

梅澤 昭子(ウメザワ アキコ)

外科部長

梅澤 昭子
専門科目
消化器外科
胆道外科
腹腔鏡外科
資格
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
日本医師会認定産業医
医学博士
略歴
秋田大学卒
東北労災病院外科
昭和大学横浜市北部病院消化器センター
東北大学病院医療安全推進室ゼネラルリスクマネジャー
昭和大学横浜市北部病院消化器センター兼任講師
所属学会等
日本内視鏡外科学会(評議員)
日本肝胆膵外科学会(評議員)
日本臨床外科学会(評議員)
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本胆道学会
単孔式内視鏡手術研究会(世話人)
一言アピール
胆嚢疾患やヘルニア、胃のGISTなどに対する内視鏡手術(きずの小さな手術)を行います。
特に胆嚢結石症(胆石)の手術は、広く一般的に行われている手術ですが、「一般的な手術」を「四谷メディカルキューブ品質で」「高い技術で」提供したいと日々努めています。 たとえば、極細の器械を用いて針穴のような小さな傷にするとか、傷の数を減らした単孔式といわれる術式を採用するといったような手術手技を積極的に取り入れています。加えて、手術前後の苦痛を軽減するために麻酔科医師と協力して、手術前の点滴を省略したり、術後の痛みをなくすための痛み止めの工夫をしています。また入院期間も安全な範囲でなるべく短い期間になるようにしています。 外来に初めて受診いただいてから治療が終了するまでの間、外来・手術室・入院のスタッフと協力して、一貫して快適に過ごせるように努めていますので、どうぞご相談ください。
ページの先頭へ戻る

子安 保喜(コヤス ヤスキ)

副院長 
ウィメンズセンター長

子安 保喜
専門科目
婦人科内視鏡下手術(腹腔鏡、子宮鏡)
資格
日本産科婦人科学会専門医
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
略歴
兵庫医科大学卒業
宝塚市立病院産婦人科 主任医長
大阪市立大学産婦人科 非常勤講師
兵庫医大産婦人科 非常勤講師
所属学会等
日本産科婦人科学会
日本産科婦人科内視鏡学会(評議員、幹事、技術認定制度委員)
日本内視鏡外科学会
日本産婦人科手術学会
東京産科婦人科学会 評議員
一言アピール
婦人科内視鏡手術の症例数は約5000件です。女性の方ができるだけ傷が気にならないように、また、今後出産を希望される方のために、内視鏡による「お腹を大きく切らない手術」「臓器に優しい手術」を実践しています。その為には、インフォームドコンセント、手術後の説明を大切にし、患者様が早く通常の生活に戻れるように努めています。
ページの先頭へ戻る

笠間 和典(カサマ カズノリ)

減量外科センター長

笠間 和典
専門科目
内視鏡外科
減量外科
資格
日本外科学会専門医・指導医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本消化器外科学会認定医
麻酔科標榜医
Fellow of American College of Surgeon(FACS)
International Center of Excellence for Bariatric Surgery℠認定医
ベネズエラ肥満代謝外科学会名誉会員
略歴
群馬大学医学部卒業
群馬大学医学部 麻酔・蘇生科
大阪大学特殊救急部
亀田総合病院 外科医長
三省会 堀江病院 外科部長 救急室長
東北大学、滋賀医科大学
所属学会等
日本内視鏡外科学会(評議員、用語集改定委員、国際委員、ガイドライン委員)
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本麻酔学会
日本救急医学会
日本肥満学会
日本肥満症治療学会(理事・評議員)
日本糖尿病学会
米国消化器内視鏡外科学会
米国肥満代謝外科学会 正会員
国際肥満外科学会アジア太平洋地区 Executive committee
アジア太平洋肥満外科学会(創立会員)
ポーランド肥満外科・内視鏡外科学会雑誌 編集委員
Bariatric Times 編集委員
一言アピール
日本ではまだ肥満が死に至る病であるという認識はほとんどされていません。しかしアメリカでは肥満が原因で年間40万人が亡くなっているという統計があります。2002年に日本で初めて腹腔鏡下胃バイパス術を行ってから、300例以上の腹腔鏡下減量手術をしてきました。手術によって、著明な減量がはかれ、かつ糖尿病や高血圧、睡眠時無呼吸などの合併疾患が劇的に改善し、患者様の生活の質が驚くほどよくなっていくのを目の当たりにして、この治療を自分のライフワークとしていくことを決心しました。
病的肥満による合併症に悩んでいる患者様、ぜひ四谷メディカルキューブにいらしてください。僕らは日本で唯一の減量外科専門チームです。病的肥満が「努力が足りないから」とか「根性がないから」とかで生じる病気ではないことは熟知しています。絶対にあなたやあなたの人生を否定するような事はいたしません。安心していらしてください。
ページの先頭へ戻る

関 洋介(セキ ヨウスケ)

関 洋介
専門科目
減量外科
消化器外科
内視鏡外科
資格
日本外科学会認定医、専門医
日本内視鏡外科学会技術認定医
麻酔科標榜医
南オーストラリア州医師免許
日本内視鏡外科学会,縫合・結紮講習会講師
医学博士
International Center of Excellence for Bariatric Surgery℠認定医
略歴
大阪大学医学部卒業
公立学校共済組合近畿中央病院外科,麻酔科
大阪大学医学部大学院消化器外科
Department of Digestive Surgery, Flinders University and Adelaide Bariatric Centre(Surgical and bariatric fellow)
大阪府立成人病センター大腸外科診療主任
Visiting assistant professor of surgery, bariatric division, Minnesota University, USA
所属学会等
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本内視鏡外科学会
日本消化器内視鏡学会
日本大腸肛門病学会
日本臨床外科学会
肥満症治療学会
国際肥満外科学会(IFSO)
国際外科学会 (ICS)
米国肥満代謝外科学会 国際会員
表彰
2003
Presentation Excellence Award
第19回アジア大腸肛門病学会議(AFCP)
2004
内視鏡下縫合・結紮技術コンテスト第6位
(第17回日本内視鏡外科学会総会)
2005
内視鏡下縫合・結紮技術コンテスト第1位
(第18回日本内視鏡外科学会総会)
2006
Grant for international academic exchange(大阪大学医学部学友会)
The research and scholarship grant (国際外科学会)
2007
Endeavour Executive Award (オーストラリア政府)
2008
大阪対ガン協会賞
2010
日本学術振興会平成22年度科学研究費補助金奨励研究
(研究課題名:重症肥満に対する減量手術による非アルコール性脂肪性肝疾患への影響について)
2011
Oral Top5 papers(IFSO-APC and JSSO meeting, plenary session)
一言アピール
これまでに、オーストラリア、アメリカ、ブラジル、台湾などで病的肥満に対する外科治療(減量手術)についての臨床トレーニングを積んできました。また前任地では、大腸癌・胃癌を中心とした消化器内視鏡外科手術(きずの小さな手術)を数多く担当してきました。当院では主に、減量手術ならびに逆流性食道炎(GERD)に対する外科治療を担当いたします。個々の患者様の病態に応じた、なおかつ、科学的根拠に基づいた最適な治療を、安全に提供することを目指します。
ページの先頭へ戻る

平瀬 雄一(ヒラセ ユウイチ)

外来部長
手の外科・マイクロサージャリーセンター長

平瀬 雄一
専門科目
手の外科、形成外科
資格
日本手外科学会専門医
日本形成外科学会認定医
形成外科認定専門医(日本形成外科学会認定)
手外科学会認定専門医(日本手外科学会認定)
皮膚腫瘍外科専門医(日本形成外科学会認定)
身体障害者福祉法第15条指定医(東京、千葉)
医学博士
略歴
東京慈恵会医科大学卒業
米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校に留学、Harry Buncke教授に師事
慈恵医大講師
米国サンフランシスコ市デービスメディカルセンター客員教授
慈恵医大柏病院形成外科医長
埼玉成恵会病院(埼玉手の外科研究所)形成外科部長
横浜市立大学医学部非常勤講師を兼任
所属学会等
日本形成外科学会
日本手外科学会(評議員)
日本マイクロサージャリー学会(評議員)
米国形成外科学会Corresponding member
米国手の外科学会International member
米国マイクロサージャリー学会Associate member
国際手の外科連合
国際マイクロサージャリー学会
一言アピール
手は常に露出していて、しかも高度な文化的生活の中心的役割を担っています。手や指の変形や痛みは大きなハンディキャップとなります。「痛くなく、使いやすく、形がいい」手指をめざして毎年600例以上の手術を行っています。
ページの先頭へ戻る

村中 秀行(むらなか ひでゆき)

村中 秀行
専門科目
手の外科、整形外科
資格
手外科専門医(日本手外科学会認定)
整形外科専門医(日本整形外科学会認定)
運動器リハビリテーション医(日本整形外科学会認定)
脊椎脊髄病医(日本整形外科学会認定)
リウマチ医(日本整形外科学会認定)
日本体育協会公認スポーツドクター
身体障害者福祉法第15条指定医(埼玉)
略歴
聖マリアンナ医科大学卒業
川口市立医療センター
慶友整形外科病院
埼玉成恵会病院(埼玉手外科研究所)
所属学会等
日本整形外科学会
日本手外科学会
ページの先頭へ戻る

菅野 百合(かんの ゆり)

菅野 百合
専門科目
手の外科、形成外科、マイクロサージャリー
資格
日本形成外科学会専門医
略歴
福島県立医科大学卒業
横浜市立大学医学部附属病院形成外科
横浜市立大学附属市民総合医療センター高度救命救急センター・熱傷センター 助教
小田原市立病院形成外科 医長
埼玉成恵会病院(埼玉手外科研究所)形成外科
所属学会等
日本形成外科学会
日本手外科学会
日本マイクロサージャリー学会
日本熱傷学会
一言アピール
手には100種類以上の疾患や怪我の病態があります。外傷や熱傷後の手の機能回復だけでなく、今までは「年のせいです」「治りません」と言われていた変形を起こす手指の症状も、一つでも多く軽減させる医療を目指します。
ページの先頭へ戻る

矢崎 泰司(ヤザキ タイジ)

矢崎 泰司
専門科目
麻酔科
資格
日本麻酔科学会指導医
医学博士
略歴
聖マリアンナ医科大学卒業
聖マリアンナ医科大学麻酔学教室助教
聖マリアンナ医科大学東横病院麻酔科助教
川崎市立多摩病院麻酔科勤務
所属学会等
日本麻酔科学会
日本臨牀麻酔学会
日本区域麻酔学会
一言アピール
手術後の痛みをできる限り軽減させることにこだわり、皆様が安心して手術の日を向かえ、術後も快適に過ごせますよう努力していきたいと思います。
ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る