乳腺外科

■乳腺外科お知らせ
診療体制の変更により、初診および乳がん検診の受付は一時休止とさせて頂きます。
患者様には大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解の程、宜しくお願い致します。

乳腺外科外来について

診療科紹介

乳腺外科では、乳房に関するさまざまな症状(しこり、痛み、分泌など)に対して診断を行い、治療方法をお示ししております。自己判断や周りからの情報に惑わされることなく、ご心配のことがございましたら是非乳腺外科をご受診ください。

  • ・ 乳房に「しこり」を触れる。
  • ・ 腕を挙げたとき、乳房に「えくぼ」「ひきつれ」がある。
  • ・ 乳首からの分泌(レンガ色)がある。
  • ・ 乳首にびらんや、ただれを認める。
  • ・ 乳房全体が赤く腫れていたり、乳房に潰瘍ができて治らない。
  • ・ わきの下のしこり(硬いリンパ節)を触れる。

上記症状が当てはまるからといって、必ず乳がんというわけではありません。 乳腺には意外と良性疾患が多いのです。自分で触っただけでは、良性か悪性かがわからないことがほとんどです。今までなかった乳房の症状が出てきたら、「これって乳がん!?」と1人で悩まず、まずは乳腺外科にて専門医にご相談ください。

乳がんの検査方法や診断、手術についてはこちらをご覧下さい

■区や会社の検診で「要精査」、「E判定」、「○ヶ月以内に乳腺外科外来を受診してください」などという結果が出た方へ
これらの結果を受け取った全ての方に乳がんが見つかるわけではありません。ただし、中には悪性の方もいらっしゃいますので、健診でチェックされた場合は、乳腺外科外来を受診され、精密検査を受けられることをお勧めします。
近年、乳がんになる女性が増えてきているのも事実です。乳がんの早期発見・早期治療が、縮小手術や長期生命予後につながります。
上記のような症状を認めず、検診で偶然見つかる乳がんもあります。「生理前の痛みはあるけど、しこりはなさそう。だけど乳がんだったら怖いし・・・」と迷っておられる方も、ぜひ一度、乳腺外科にてご相談ください。

ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る