骨盤臓器脱・性器脱(こつばんぞうきだつ・せいきだつ)

女性に日常的に見られる疾患です。一人で悩まないで。
【監修/嘉村康邦医師】
関連キーワード
  • 子宮脱
  • 性器脱
  • 膀胱脱
  • 直腸脱
  • 子宮下垂
  • 尿道脱
骨盤臓器脱・性器脱

■悩みにさよならしたい方、集まれ!
女性泌尿器科では、泌尿器科症状でお悩みをお持ちの女性が【より豊かな生活を送れるように】という考えのもと、
スワンの会を設立しました。
第4回を2017年1月31日(火)に開催致します。
ご興味のある方はこちらのページをご参照下さい。

骨盤臓器脱の診断

骨盤臓器脱性器脱)で悩む多くの女性は、羞恥心やどんな検査・治療をされるのかわからないための不安・恐怖から、なかなか医療機関を受診されません。
骨盤臓器脱はきわめて日常的にみられる女性の疾患で、決して命取りになるようなものではありません。しかし、子宮や膀胱などの下垂(脱)があると、膣内の違和感や異物感、様々な排尿の不具合など、日常生活にとって不愉快な症状が出現し、生活の質(QOL)が大きく低下してしまいます。骨盤臓器脱の症状がみられたら、ぜひ女性泌尿器科を受診されることをお勧めします。

ここでは実際に当施設で行われる骨盤臓器脱の診断方法をお示しします。なお女性医師による診察をご希望の方は、受診予約の際お申し出下さい。

初診時、2回目の診察内容

はじめに詳しい問診を行います。
実際に診察室に入ると、緊張して症状をきちんと訴えられないとおっしゃる方もいます。
受診前にいつごろからどのような症状があったのか、妊娠・出産歴、服用薬、既往歴といったものを簡単にまとめておくのがよいでしょう。

問診が終わったら次いで台上診を行います。
出産の時と同じ体位で診察しますが、これも痛みを伴うようなことはありません。内診とともにスペキュラムと呼ばれる器械を膣内に挿入し、どの部位がどのように下がっているのかを調べます。このとき咳をしたり、いきんでもらいます。膀胱の出口や尿道がゆるくなっていないかも確認します。これらの診察が診断には最も重要で、その女性の骨盤臓器脱について、重症度や対処法などほぼ判明します。台上診の時間は約5分と短時間です。重症の患者さんでは、初診時に手術が必要と判断されることもあります。

その後尿検査を行いますので、来院時には尿をためてきてください。
後日、着衣のまま検査可能で放射線被曝の無いシネ動画のMRI検査を行い精査します。
また2回目の受診時までに、御自宅で問診票や排尿記録を何日分かつけてきてもらい再診時に持参してもらいます。

2回目の診察時に腎臓や骨盤内(膀胱や子宮、卵巣など)の超音波検査を行います。
これは脱によって尿管も下方に引っぱられ、尿の通過が悪くなり水腎症をきたすことがあるので尿路をチェックするものです。またこの検査で膀胱や子宮の異常の有無、骨盤内腫瘤性病変の有無などもわかります。超音波検査ですから痛みはまったくありません。
また御自宅で記入していただいた問診票、排尿記録の結果とともに、尿流・残尿検査といって排尿の勢いや残尿をチェックする検査を行い、排尿障害の有無を評価します。

また、多くはありませんが、尿流量動態検査を行うこともあります。
このようにして骨盤臓器脱の重症度や治療方針は決定されます。

その他の検査

以上のような検査で手術適応となれば、手術前の一般検査(採血、胸部レントゲン、心電図、呼吸検査など)を行い全身状態の確認をします。手術に関する詳細な説明をご家族とともに聞いていただきます。最後に麻酔科の医師による診察を受けます。

診療予約のご案内
診療予約受付:電話番号03-3261-0414 (9:00-17:00・日曜/祭日を除く)
ページの先頭へ戻る