疾患別治療案内

卵巣嚢腫

###

卵巣は、子宮の両側に左右1つずつあり親指ほどの大きさの臓器です。
卵巣嚢腫とはその卵巣の一部にできた袋状の腫瘍内に液体がたまる病気です。

治療案内を見る

ページの先頭へ戻る

骨盤臓器脱(性器脱)

###

骨盤臓器脱は非常に多くの女性を悩ませる“おしも”の不具合で、とくに更年期以降の女性にしばしば認められます。日本ではまだ正確な頻度は報告されていませんが、お産を経験された女性の約半数が、生涯のうちに何らかの形の骨盤臓器脱を生じるとされるほど多い疾患です。

治療案内を見る

ページの先頭へ戻る

尿失禁

###

尿失禁とは自分の意思と関係なく、尿がもれてしまうことです。このような症状は実は多くの女性が悩んでおり、40歳以上の女性の3人に1人は何らかの尿失禁があるという報告もあります。

治療案内を見る

ページの先頭へ戻る

子宮筋腫

###

子宮の筋肉から発生した腫瘍で、カプセルに包まれたような形をしています。 筋腫は良性なので命に別状はありませんが、罹患率は、たとえば40代の女性では4~5人に1人と非常に多いので、注意が必要です。

治療案内を見る

ページの先頭へ戻る
スマートフォンサイトを表示