乳がんの診断

■乳腺外科お知らせ
診療体制の変更により、初診および乳がん検診の受付は一時休止とさせて頂きます。
患者様には大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解の程、宜しくお願い致します。

乳がんの診断

乳腺にできる腫瘍は、良性のものから悪性のものまで様々なものがあり、組織学的に分類されています。乳腺の診断のおおまかな流れとしましては、症状、視触診の所見⇒画像検査⇒組織学的検査(病理診断)という流れで進みます。その「しこり」がどの組織であるかによって経過観察の仕方、治療方針が決まってきますので、病理診断は非常に大切になってきます。

ページの先頭へ戻る

乳腺外科での初診から精密検査までの流れ

乳腺外科での初診から精密検査までの流れ マンモグラフィ、エコー 乳管造影、乳管内視鏡 穿刺吸引細胞診 針生検(組織診) ステレオガイド下マンモトーム検査(吸引型組織診) 超音波ガイド下マンモトーム検査(吸引型組織診)

実際に当院乳腺外科外来を受診された際、どんな検査をされるのか、何が起きるのか不安なこともあるかと思います。ここでは、初診から精密検査にいたるまで、どのような流れになるのか簡単にご紹介させていただきます。

■診療の流れ 「問診」
ウィメンズセンターに来ていただくと、まずは問診表に記入していただきます。どのような症状が、いつからあるのか?など現病歴の他、過去の既往歴や、家族歴、生活歴などをお聞きいたします。問診表の記入後、上半身のみ検査着に着替えていただき、診察室にご案内いたします。そこで問診表を見ながら、担当医師がお話を伺います。 (マンモグラフィ検査の際に若干の被曝がありますので、妊娠の有無の可能性も確認させていただいております)

■診療の流れ 「視触診」
次に、実際の診察にうつります。 問診が終わった段階で、診察台に仰向けになっていただき、視触診(実際に手で触って診察)いたします。 視診では、乳房の非対称性、乳房の大きさ、乳頭や皮膚の陥凹(へこみ状態)、乳頭部・乳輪部のびらん・湿疹、皮膚の発赤、浮腫、皮膚の膨隆(盛り上がり)、潰瘍の有無などを確認いたします。

触診では、“しこり”の有無、“しこり”があれば大きさや可動性などをチェックします。触診における人間の感覚は、1cm以上でないと認識できないとも言われています。1cm以下の小さい病変や、1cm以上であっても深いところにある“しこり”は、触診だけでは確認できないことが多いです。そのため、“しこり”を触れる人も、触れない人も、画像検査(マンモグラフィやエコー検査など)にて詳しく検査させていただきます。

乳房の診察では、腋窩(脇の下)リンパ節も重要な情報源でありますので、左右のリンパ節も併せて診察いたします。また、授乳期以外に乳首から分泌液のある場合、しこりを触れない乳癌が発生していることもあります。乳頭からの分泌の有無が大事ですので、乳頭部の触診も行い、乳首からの分泌の有無についても注意深く診察いたします。

ページの先頭へ戻る

乳腺腫瘍の組織学的分類

乳腺にできる腫瘍は、良性のものから悪性のものまで様々なものがあります。以下にお示しします表の通り、組織学的に分類されています。乳腺の診断のおおまかな流れとしましては、症状、視触診の所見⇒画像検査⇒組織学的検査(病理診断)という流れで進みます。その「しこり」がどの組織であるかによって経過観察の仕方、治療方針が決まってきますので、病理診断は非常に大切になってきます。

I. 上皮性腫瘍

A. 良性

1. 乳管内乳頭腫
2. 乳管腺腫
3. 乳頭部腺腫
4. 腺腫
5. 腺筋上皮腫

B. 悪性(癌腫)

1. 非浸潤癌 a. 非浸潤性乳管癌
b. 非浸潤性小葉癌
2.s 浸潤癌 a. 浸潤性乳管癌 a1 乳頭腺管癌
a2 充実腺管癌
a3 硬癌
b. 特殊型 b1 粘液癌
b2 髄様癌
b3 浸潤性小葉癌
b4 腺様嚢胞癌
b5 扁平上皮癌
b6 紡錘細胞癌
b7 アポクリン癌
b8 骨・軟骨化性を伴う癌
b9 管状癌
b10 分泌癌(若年性癌)
b11 浸潤性微小乳頭癌
b12 基質産生癌
b13 その他
3. Paget病

II. 結合織性および上皮性混合腫瘍

A. 線維腺腫
B. 葉状腫瘍
C. 癌肉腫

II. 結合織性および上皮性混合腫瘍

A. 間質肉腫
B. 軟部腫瘍
C. リンパ腫および造血器腫瘍
D. その他

IV. 分類不能腫瘍

V. 乳腺症

VI. 腫瘍様病変

VI. 腫瘍様病変

A. 乳管拡張症
B. 炎症性偽腫瘍
C. 過誤腫
D. 乳腺線維症
E. 女性化乳房
F. 副乳
G. その他

日本乳癌学会(編):臨床・病理乳癌取扱い規約 第16版 2008年9月

ページの先頭へ戻る