脳神経外科

脳神経外科外来について

脳神経外科は、中枢神経系である脳と脊髄、及び末梢神経の疾患を扱う診療科目です。

脳卒中

日本人の三大死因のひとつである脳卒中は高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満など、生活習慣病や加齢に伴う病状と深く関連しています。特に最近急激な増加傾向にある『メタボリックシンドローム』は無症候性脳梗塞の独立した危険因子であることが報告されています。当院では、特に脳卒中(脳血管障害)の診断と予防に力を注いでいます。最新鋭のMRIやCTと画像解析装置を使用し、脳、神経、頭頚部血管を精査します。さらに頸動脈超音波検査、血液の流動性の測定(血液サラサラ度測定)などの補助装置も随時使用し、より高度で質の高い正確な診断と予防、治療を行っております。メタボリックシンドロームの方やその予備軍の方は一度きちんとした脳のチェックをお勧めします。脳卒中は起こってしまってから治療するより、事前に危険因子を発見して予防する事が重要です。

頭痛

脳神経外科を訪れる患者さまの訴えで、一番多い症状は頭痛です。日本国民の4人に1人はいわゆる「頭痛もち」といわれ、ほとんどすべての人が体験するありふれた症状です。頭痛の原因の多くは筋緊張型頭痛や片頭痛といった直接命にかかわらないものですが、中には手術が必要な病気や内科的、耳鼻咽喉科的、整形外科的治療が必要となる病気が隠れている場合も少なくありません。その頭痛が命にかかわるものなのか、命にかかわらないものなのかを迅速に診断することが非常に重要です。 当外来では、脳神経外科専門医による診察と画像検査や採血によるスクリ-ニング検査などにより頭痛の原因を解明します。外来通院にて治療可能な頭痛の場合は、患者さまのライフスタイルにあわせた治療を提案しています。重大な病気が見つかった場合、近隣の病院や大学病院に責任を持って御紹介いたします。

ページの先頭へ戻る

画像検査について

画像検査で使用する機器についての詳しい説明は下記よりご参照下さい。

CTMRIPET検査

PET/CTとMRIの合成画像
PET/CTとMRIの合成画像
脳PETの統計学的画像解析結果
脳PETの統計学的画像解析
結果(アルツハイマー病の例)
巨大動脈瘤
巨大動脈瘤
頸動脈狭窄
頸動脈狭窄
ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る