内視鏡検査:よくある質問

よくある質問(内視鏡全般について)

内視鏡検査には保険がききますか?また費用はどれくらいかかりますか?
通常、病気の診断や精査、治療のために行う場合は、健康保険が適応されます。
検査費用は、前投薬の内容、生検による病理診断の有無、処置の有無などで大きく異なります。胃の検査の場合、3割の自己負担では5,000円から10,000円程度はかかることが多いとお考えください。大腸の検査でも、病理診断の有無、ポリープ切除の有無で大きく異なります。3割の自己負担では10,000円から30,000円程度でしょう。
内視鏡検査にはどのくらい時間がかかりますか?

通常、胃(上部消化管)の検査の場合は平均的には5分程度が内視鏡を挿入されている時間です。その前に問診や前処置があり、また結果の説明も当日わかる範囲でしておりますので、さらに10-15分程度はかかるとお考えください。また、鎮静剤を使用した場合には、検査後30分程度お休みいただきます。

大腸の内視鏡検査は、大腸全部を観察することを原則としておりますので、検査時間としては通常15-30分程度かかるとお考えください。挿入が困難な方やポリープ切除などの処置の多い方では、それ以上時間がかかることもあります。
挿入の難易度は患者さま毎に異なりますが、全体を観察できないことは1%以下です。
なお、検査をやりやすくするため、大腸内がきれいになっていた方が望ましく、前処置に時間をかけていただいております。

内視鏡検査の前後に食事制限がありますか?

胃(上部消化管)の検査の場合は当日の朝食は召し上がらずに来院ください。胃に食べ物が残っていると粘膜の観察が十分できません。大腸の検査の場合には、検査前に腸内に残渣が多いと、前処置に手間がかかりますので、前日は消化のよいものをおとりになり、水分は十分とっておかれることをお勧めします。

通常、検査後の食事制限はほとんどありませんが、検査や処置の内容によっては、注意がございます。検査後、ご帰宅前に看護師の説明をおうけください。

検査後車を運転しても問題ありませんか?
内視鏡検査では鎮静剤を使用することがあります。その場合は、その後意識がハッキリしているつもりでも、しばらくは多少ぼうっとしていたり、集中力が低下することがありますので、自ら運転することは避けていただいております。
自分で胃や腸の中を見ることができますか?
内視鏡検査台の両側に検査医や看護師が観察するためのモニターの画面を設置しております。もちろん、患者さまご自身でも検査中にご覧になることが可能です。
内視鏡検査をうけて病気が感染することはありませんか?
心配されなくてよいと思います。以前はまれに内視鏡検査による感染症の報告がありましたが、当施設では『消化器内視鏡機器洗浄・消毒法ガイドライン』に準拠した方法で洗浄消毒を行っております。この方法をかいくぐって、一般細菌や肝炎ウイルスなどが感染することはまずないと考えてよいと思います。
内視鏡による事故はどのようなものがありますか?

内視鏡検査はきわめて普及し、特に日本では検査件数も多く、多くの専門医が養成され、検査の水準は国際的に見ても高いということをご理解ください。

それでも、内視鏡検査の前にもちいる咽頭麻酔や胃腸の動きを止める薬、鎮静剤などの薬のアレルギーによる危険、内視鏡を挿入することに伴い消化管を損傷する危険、組織を採取する生検による出血などの危険、さらには、内視鏡で行う治療処置に伴う穿孔や出血などの危険は稀ながら、避けがたい場合があります。

最新の日本消化器内視鏡学会の偶発症の報告では、全体で見ると、内視鏡検査による死亡率は0.00084%、出血などの偶発症の頻度は0.018%、と報告されています。

ページの先頭へ戻る

よくある質問(胃内視鏡について)

胃の内視鏡検査をするとどんな病気がわかりますか?
通常、胃の内視鏡検査といっても、食道、胃、十二指腸の内腔を観察するため、これらの臓器の病気を診断可能です。このため、上部消化管内視鏡検査と言う名称もよく使われます。よく認められる病気としては、食道炎、食道癌、胃炎、胃潰瘍、胃ポリープ、胃癌、十二指腸潰瘍などがあります。
以前胃の内視鏡検査で嘔吐反射が強く、辛かったのですが、うまく検査を受けられるでしょうか?

もともと検査の苦痛は個人差が大きいものですが、検査医による検査の進め方の違いや患者さまご自身のそのときの体調などによって、印象は大きく異なってきます。

特に、不安や緊張が強い方では、つい力がはいり内視鏡の接触による違和感も強くなることが多いようです。このため、ご相談の上で、適宜鎮静剤などを用いて苦痛を和らげるようにするのが良いと思います。

ページの先頭へ戻る

よくある質問(大腸内視鏡について)

大腸の内視鏡検査はとても痛くて辛いと聞きましたが大丈夫ですか?

胃の場合と同様で、検査の苦痛の個人差があり、また検査医のやり方でも違いが大きいと考えられています。内視鏡による大腸のたわみを極力少なくして深部に進めるのが苦痛を少なくする上でのポイントになります。

ページの先頭へ戻る