内視鏡検査:胃内視鏡検査・胃カメラ

胃カメラ(胃内視鏡検査・上部消化管内視鏡検査)について

###

胃カメラと胃内視鏡とは本来は異なるものですが、現在は両者があまり厳密に区別されずに用いられているようです。歴史的には、1950年に小型のカメラを胃内にいれて遠隔操作でフィルム撮影する検査が始められました。

画像を見ながら撮影することはできませんでしたが、胃内を観察する検査法として普及し、「胃カメラ」という名称が定着しました。胃カメラでは、検査後にフィルムを現像してはじめて様子がわかるという不便さがありました。機器が進歩し、1980年代には胃内の画像をガラスファイバーで検査医の手元に送り、これを見ながら検査する「ファイバースコープ(内視鏡)」が胃カメラに替わって一般的になりました。さらに1990年代に、固体撮像素子により画像を電気信号に変えて送る「電子内視鏡」が発達し、現在の検査の主流となっています。
したがって、現在の胃の検査機器の名称としては「胃カメラ」より「胃内視鏡」が正しいことになりますが、広く普及した「胃カメラ」という名称をそのまま使っている医師もいるようです。

ページの先頭へ戻る

さまざまな病気にさらされる胃の検査

上部消化管内視鏡は、食道、胃、十二指腸の病気が疑われるような場合、あるいは、胃がんの検診のために、行われています。
直接、食道、胃、十二指腸の内腔を観察し、必要なら病気の部位の組織採取もできるため、診断上きわめて有用です。
この検査で診断される病気としては、食道炎、食道がん、胃炎、胃潰瘍、胃ポリープ、胃がん、十二指腸潰瘍などがあります。
さらに、消化管出血の止血、胃ポリープの切除、胃癌の治療、誤飲した異物の除去などに用いられることもあり、いろいろな治療分野で応用されています。

レントゲン検査と胃カメラ(胃内視鏡検査)の違い

レントゲンと内視鏡の長所・短所をまとめると、下のようになります。それぞれ、長所があり、胃のレントゲン検査も有用なことが多いため、胃を切除する手術を受けるようなときには、両方の検査が必要になります。しかし、小さな病変を内視鏡で治療するときなどでは、省略されることも多くなりました。

ページの先頭へ戻る

胃内視鏡検査の予約から検査の流れ

当院では、豊富な学識、経験、指導能力、そして高い水準の診療能力を備えると学会から認定され、専門医を育成する立場である日本消化器内視鏡学会指導医4名が常勤し、丁寧で苦痛が少なく質の高い内視鏡検査を行っています。
検査件数は年々増加し、2012年度は3,870件の胃内視鏡検査を行いました。

 

検査前には、待合室でスクリーンに映し出される検査の説明をご覧頂きながら前処置を行ないます。プライバシーを守るため、検査はすべて個室の内視鏡検査室(3室)で行い、検査後にお休みいただくためのリカバリールームもご用意しています。
内視鏡診断機器は、「高精細の画像や色彩、構造の強調が必要に応じてできるハイビジョン内視鏡システム」「特殊光により粘膜の微小な血管や腫瘍の模様を強調して観察し、食道がん・胃がん・大腸がんなどの早期発見を可能とするNBIシステム」を導入しています。

 

胃内視鏡検査をご希望の方は、まず消化器内科の外来をご予約ください。

検査当日と検査までの流れ

1 予約申し込み
消化器外来の受診予約を行ってください。その際、胃内視鏡検査を検討している旨お伝えください。
予約電話番号:03-3261-0430
2 外来受診
消化器外来にて医師の診察を受けていただき検査の予約をいたします。その際内視鏡検査と、使用薬剤の説明があります。
3 内視鏡検査説明
看護師よりパンフレットを用いた検査前・当・後日の生活・食事指導をいたします。
4 内視鏡検査前日
パンフレットの内容をご参考にお食事してください。
5 内視鏡検査当日
(1)受付
2階の検査受付においでください。
(2)前処置
・問診後、麻酔液を口に含んでのどに麻酔をかけます。
・鎮静剤をご希望の方は検査室で注射をします。
・検査中の安全のために点滴をすることがあります。
(3)検査
内視鏡検査には検査医のほかに必ず内視鏡検査技師が同室し検査を受けられる方の状態を常に観察します。
(4)検査後
鎮静剤を使用された方は必ずリカバリールームで15~20分安静にしていただきます。
(5)帰宅
検査を受けられた方お一人おひとりに合わせて看護師より当日以降の生活・食事指導をさせていただきます。
6 内視鏡検査結果説明
当日または後日、医師より写真をお見せしながら説明いたします。必要に応じて内服薬が処方されることもあります。
ページの先頭へ戻る

胃内視鏡検査を受けるときの注意点

■お食事にご注意ください。
検査前日の夕食は午後8時頃までに済ませてください。水分(牛乳、ジュース以外)は適度にとっても結構です。
検査当日は朝から食事を摂らないでください。水やスポーツ飲料、お茶など透明なものは飲んでも構いません。

ページの先頭へ戻る