内視鏡について

内視鏡検査の種類

内視鏡検査は検査する部位により、種類が分かれます。胃を中心に見る場合は「胃内視鏡」と呼びますが、食道、胃、十二指腸はまとめて上部消化管と呼ばれますので、上部消化管全体を観察する場合は「上部消化管内視鏡」となります。

折角の検査なので、胃だけを観察するよりも、食道、胃、十二指腸を含めて観察することが一般的です。麻酔を使い、口から内視鏡を挿入し観察します。

大腸を調べる場合は、肛門から挿入して、直腸を含む大腸全体の検査を「大腸内視鏡」にて行います。なおこの検査を、上部と対比して、「下部消化管内視鏡」と呼ぶ場合もあります。

さらに超音波装置のついた内視鏡で、消化器の超音波検査を行う「超音波内視鏡検査」については、超音波検査のページをご覧ください。

「腹腔鏡」「胸腔鏡」という内視鏡もありますが、これはそれぞれ腹部や胸部を覗く内視鏡で、最近は治療目的に応用されて使われることが多くなっており、腹腔鏡下手術の説明をご覧ください。消化器以外では、婦人科で行う「子宮鏡」、泌尿器科で行なう「膀胱鏡」、気管支を調べる「気管支鏡検査」があります。このほか、関節、血管の中などにも内視鏡が広く応用されるようになっています。

内視鏡による治療

食道や胃、大腸の病気で粘膜に限局した比較的小さな病変は、内視鏡にて切除することが可能となっています。具体的には、胃では、胃ポリープ、胃腺腫、胃癌(粘膜層に限局しているもの)などです。大腸でも同様に、大腸ポリープ、粘膜層に限局した大腸癌などで治療可能です。

ただし、癌のひろがりは切除した病理所見により最終的に定まるため、追加治療が必要になることもあります。また、大きな病変の治療には時間がかかり、出血や穿孔などの偶発症の頻度が増加するリスクがあります。したがって内視鏡の治療が最もよいのか、他の治療(腹腔鏡を用いた腹腔鏡下手術や通常の外科手術)との比較検討も行い、患者さまと医師との間でよく相談した上で、最終的に決める必要があります。

このほか、出血病変の止血、アニサキスという寄生虫の診断摘出、異物の除去、狭窄病変の拡張などに通常、内視鏡が用いられます。

ページの先頭へ戻る