内視鏡検査:大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査について

###

大腸内視鏡検査とは、肛門から内視鏡(先端に高性能カメラがついた細いチューブ)を挿入して大腸全体を観察する検査です。
大腸内視鏡では、大腸(結腸と直腸)疾患の検査・診断のみでなく内視鏡での治療も行います。便潜血陽性の際の大腸の検査、大腸ポリープの経過観察、炎症性腸疾患の内視鏡による診断の他、治療としては主として大腸ポリープの切除を行います。

ページの先頭へ戻る

大腸内視鏡検査 大腸がんの予防と早期治療のために

便潜血検査
(市区町村で検診が可能)

###

陽性の場合

大腸内検視検査の受診
  • 受診のメリット
  • ・検査・診断と同時に治療が可能
  • ・早期発見、大腸がんの予防に効果的

近年、大腸がんは増加傾向にあり、この20年で死亡者数は2倍に増加、女性のがん死亡原因では第1位になっています。
そのため、大腸がん検診は現在広く普及しており、40歳以上の方であれば市区町村でも大腸がん検診を受けられます。この一般的な大腸がん検診は、便に血が混じっていないかを調べる便潜血検査が行われますが、便潜血検査で陽性となった場合は大腸内視鏡検査を行うことを強くお勧めします。

大腸がんはある程度進行してしまうまで自覚症状がありません。大腸がんは早期発見できれば内視鏡での治療も可能ですし、ほぼ100%完治します。出血するまでに至っていない早期の大腸がんを発見できるばかりでなく、がん化する恐れのあるポリープを内視鏡で切除することによってがんを未然に予防することができます。
大腸がんの検査として大腸内視鏡検査は大変有効です。

このような方に大腸内視鏡検査をお受けになることをお勧めします

  • ・健康診断の便潜血反応が陽性だった
  • ・便が以前に比べて細くなった
  • ・切除していない大腸ポリープがある
  • ・大腸がんが心配である
  • ・血便が出る
  • ・便秘と下痢を繰り返す
  • ・大腸ポリープを切除したことがある
  • ・大腸がんの手術をしたことがある
ページの先頭へ戻る

当院の大腸内視鏡検査の特徴--丁寧な観察と苦しくない検査

当院の大腸内視鏡検査の特徴は、経験豊富な専門医師による丁寧な観察です。当院では、豊富な学識、経験、指導能力、そして高い水準の診療能力を備えると学会から認定され、専門医を育成する立場である日本消化器内視鏡学会指導医4名が常勤し質の高い内視鏡検査を行っています。
検査件数は年々増加し、2012年4月~2013年3月の1年間では1,331件の大腸内視鏡検査を行いました。

大腸がんにはいくつかのタイプがあり、突然進行がんになる平べったいがん(表面型)や、へこんだ形のがん(陥凹型)は、ポリープのように一見してわかるものではなく見逃されやすいと言えます。
当院ではこれらのがんを見逃さないように、必要な時間をかけて、腸のひだの裏まで丁寧に観察をしています。

また、大腸内視鏡検査をする時に殆どの方が心配されるのは苦しくないかどうかですが、当院では苦しくない検査のための方法や設備を導入しています。以下が大腸内視鏡検査が苦しいと言われる主な原因と当院での対応です。

1.硬い内視鏡を挿入することによる物理的な刺激
内視鏡挿入時の物理的な刺激を出来るだけ少なくするには、検査を行う医師の技術が重要です。当院では日本消化器内視鏡学会指導医をはじめとする経験豊富な医師が、軸保持短縮法や無送気注水法など、患者さまの状態に合わせた方法で検査を行います。

2.腸内に入れた空気がすぐに排出・吸収されずお腹が張ること
腸内を観察するためには、どうしても空気を入れて観察に必要な空間を確保しなくてはいけません。この空気は腸に吸収されにくく、検査後もお腹が張ったり、気分が悪くなるといったことがありましたが、当院では腸に吸収されやすい炭酸ガスの送気装置を導入し、より苦痛の少ない検査を行っています。

3.患者さまの緊張によるもの
不安感や緊張が強い患者さまには、緊張をやわらげるために鎮静剤を使用します。

その他、当院内視鏡センターでは
内視鏡学会のガイドラインに則った洗浄 - お一人おひとりの検査終了後すぐに、酵素洗浄剤による手洗い洗浄と内視鏡消毒器による消毒を行い、使用器具はディスポーザブル(使い捨て)または高圧滅菌消毒」
プライバシーの確保 - 検査はすべて個室の内視鏡検査室(3室)」
設備の充実 - ハイビジョンシステム、NBIシステム(特殊光により粘膜の微小な血管や腫瘍の模様を強調して観察し、大腸がんなどの早期発見を可能とする新技術 )を用いた質の高い診断」
など安心して検査が受けられるよう努めております。

ページの先頭へ戻る

大腸内視鏡検査の予約から検査の流れ

大腸内視鏡検査をご希望の方は、まず消化器内科の外来をご予約ください。
なお、大腸内視鏡検査は検査前の説明や食事の注意が必要なため、消化器内科の初診当日での検査は行っておりません。

1
予約申し込み
お電話にて消化器内科の受診予約をお願いします。その際、大腸内視鏡検査を検討している旨お伝えください。
予約電話番号:03-3261-0430
2
外来受診
外来にて医師の診察を受けていただき検査の予約をいたします。その際内視鏡検査と、使用薬剤の説明があります。
3
内視鏡検査説明
看護師よりパンフレットを用いた検査前・当・後日の生活・食事指導をいたします。
4
内視鏡検査前日
パンフレットの内容をご参考にお食事してください。夕食時、油分は消化が遅く、繊維は腸内に残りやすいので避けてください。
5
内視鏡検査当日
(1)受付
2階の検査受付においでください
(2)前処置
・問診後腸管洗浄液を飲んでいただき、腸の中をきれいにします。
・鎮静剤をご希望の方は検査室で注射をします。
・検査中の安全のために点滴をします。
(3)検査
内視鏡検査には検査医のほかに必ず看護師が同室し検査を受けられる方の状態を常に観察します。
(4)検査後
鎮静剤を使用された方は必ずリカバリールームで1時間以上安静にしていただきます。
(5)帰宅
検査を受けられた方お一人お一人に合わせて看護師より当日以降の生活・食事指導をさせていただきます。
6
内視鏡検査結果説明
当日または後日、医師より写真をお見せしながら詳しく説明いたします。必要に応じて内服薬が処方されることもあります。
ページの先頭へ戻る

大腸内視鏡検査を受けるときの注意点

(1)便通に気をつけてください

大腸内視鏡検査の3日前から毎日排便があるように、便通に気をつけてください。
便秘で普段から下剤を服用している方は、必ずお飲みください。

(2)大腸内視鏡検査前日のお食事には注意が必要です

検査前日は3食とも消化の良いものをお召し上がりください。油ものは消化が遅く、また繊維の多いものは大腸に残りやすいため、お勧めできません。当院では尐しでも楽に検査ができるよう、前日の昼・夕食に検査食をご用意しています。
夕食はできるだけ20時までにお召し上がりください。水分は何時まででもお飲みいただけますが、牛乳、果実・果肉入りのジュースなどは避けてください。
就寝前にはお渡しした下剤を忘れずにお飲みください。

(3)当日は検査前のお食事を控えてください

大腸内視鏡検査前は、お食事は召し上がらずにお越しください。水分(お茶、お水、スポーツドリンクなど)はお飲みいただけます。

その他の注意事項や、大腸内視鏡検査前に好ましい食事の内容などは外来時に詳しくご説明いたします。内視鏡検査に関してご不明な点があれば、ご遠慮なくスタッフにお尋ねください。

ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る