循環器内科

循環器内科について

循環器内科では高血圧、不整脈、狭心症などの心臓の病気はもちろんですが、生活習慣病といわれる糖尿病、高脂血症なども含め、専門医による一人ひとりの総合的な健康のお手伝いをさせていただきます。生活習慣病とは、過食、運動不足、不規則な生活といったさまざまな不健康な生活習慣が原因で引き起こされる疾患の総称です。生活習慣病にはいろいろな症状と疾患が含まれますが、高血圧、糖尿病、高脂血症はもちろんのこと、悪性腫瘍、脳卒中、肝臓病、腎臓病なども生活習慣病に入ります。高血圧、糖尿病、高脂血症の3つの症状はサイレントキラー(沈黙の殺人者)とも呼ばれ、自覚症状がでにくいため放置される場合が多く、動脈硬化や心疾患の原因にもなります。その予防と治療が健康への第一歩となります。

生活習慣病は、多くの場合、適切な生活指導や、適切な治療によって改善されるにもかかわらず、症状に乏しいために放置されることが多いのが現状です。医師による薬物療法も重要ですが、生活における食事療法や運動療法も取り入れ皆様ひとりひとりに適した治療をおこないます。

ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る