減量外科/減量手術

減量手術とは

肥満治療の一つである減量手術は、病的肥満の方を対象とした「糖尿病や心臓病などの肥満合併症によって行動を制限されたり死に至ったりするのを避けるため」、また「合併症を完治ないし改善するため」の治療法です。主要国際医学雑誌の一つである米国医師会雑誌JAMA(The Journal of the American Medical Association)に発表された論文では「20歳でBMI45の人は同年齢の正常体重者より余命が13年短くなる」との報告もされており、世界保健機関(WHO)でも肥満は重大な疾病とされています。
減量手術は、肥満先進国である米国では年間21万件以上が施行されている治療法です(日本での胃がん手術件数が年間1万7千件程度)。十分な減量と長期に亘る減量後の体重維持が得られるばかりでなく、高度肥満を原因とする糖尿病や高血圧などの合併疾患を改善可能な治療法であるとの評価が定着しつつあります。米国国立衛生研究所NIH(national institute of health)からは「重症肥満に対する治療として、長期間にわたって減量効果が維持されるのは、唯一、外科治療(減量手術)のみである」との声明も出されています。
手術を受けた方々からは、『生活の質の改善』『社会的活動の向上』『精神的安定』『雇用機会の増加』『経済的な改善』などの成果があったと報告されています。不妊治療に多くの費用と時間を費やし子供に恵まれた後、減量手術を受け、減量手術後には不妊治療なしで第二子を妊娠された方もいらっしゃいます。

減量手術.com
減量手術.comもご覧下さい。

減量手術の対象者とは

減量手術の対象となるのは、「肥満度の指標であるBMI(=体重kg÷身長mの2乗)が30以上で、肥満に起因する合併疾患を有する方」となります。手術が適応かどうかは、連続した2日間の検査によって判断させていただきます。また、ご家族のご理解とご協力が得られるかも重要な判断基準です。

安全性への取り組み

肥満症に対する手術治療は、劇的な減量(体重減少)効果だけでなく、糖尿病や睡眠時無呼吸症候群などの肥満関連疾患に対する極めて効果的な治療ですが、一方で、高度な技術を要する非常に専門性の高い治療と言えます。当センターならびに外科医2名は、米国Surgical Review Corporationによる査察を受け、International Center of Excellence in Bariatric Surgery℠(減量外科における卓越した拠点)の認定を、2012年1月、日本で初めて取得しました(2015年12月で契約終了)。ICE認定には、豊富な治療(手術)経験、高い治療効果、低い合併症発生率、必要なスタッフや設備、適切な患者フォローアップなど、本治療が安全かつ効果的に行われるために必要不可欠とされる多くの基準をクリアする必要があります。治療経験の少ない施設と多い施設とでは、術後合併症発生率や死亡率に明らかな差があることが分かっています。米国では民間医療保険の多くは、ICE認定施設以外での治療を許可しない仕組みを作っています。

ページの先頭へ戻る

診療予約のご案内
診療予約受付:電話番号03-3261-0430 (9:00-17:00・日曜/祭日を除く)
ページの先頭へ戻る