下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)
立ち仕事を続けていたら・・・。出産後どうも気になる・・・。
【監修/根岸由香医師】
関連キーワード
  • 血管
  • 弾性ストッキング
下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは?

  • 血管が浮き出ている
  • むくむ、重い
  • こむら返りが起こやすい
  • だるい、疲れやすい、 ほてる(熱い)
  • かゆい、点状発赤がある
  • 皮膚炎や湿疹がある
  • 色素沈着がある・皮膚が黒ずんでいる
  • 左右差がある

このような症状がある方は、下肢静脈瘤が原因かもしれません。立ち上がった状態で、両下肢全体をよく観察してみてください。むくみが強いと静脈瘤が見えないこともあります。

下肢静脈瘤の症状
下肢静脈瘤になりやすい人の特徴
立ち仕事の方
妊娠・出産後の女性
ご家族で下肢静脈瘤の方がいる

下肢静脈瘤になる仕組みと種類

原因は静脈瘤内の弁の故障

下肢静脈瘤の原因・症状

心臓へ血液が戻ることを静脈還流といいます。足(下肢)に達した血液が心臓へ再び戻るためには、腓腹部(ふくらはぎ)の筋肉が重要な役割をします。「ふくらはぎは第二の心臓」と言われるように、この筋肉を使うことで静脈還流が促されます。
また、静脈には血液の逆流を防止する弁が沢山あります。この弁が上手く機能しないと、静脈還流されるはずの血液が逆流してしまいます。特に足が心臓より低い位置にあるとき、つまり立位、座位などは血液が下肢に停滞しやすくなります。夕方になると、朝よりも足がむくんでいるなどの症状を感じる方も多いと思います。
血液の逆流が多ければ、下肢の静脈は拡張し次第に瘤状に膨れて静脈瘤となります。これが下肢静脈瘤です。
下肢静脈瘤にも、弁が壊れている場所や血管の拡張程度などによって、いろいろなタイプがあります。

下肢静脈瘤の種類

下肢静脈瘤の症状・種類

間違いやすい対処法

気になりながら、手術が不安で放置していました――。

下肢静脈瘤の症状を長年何も治療しないで放置しておくと、うっ滞性の皮膚炎(湿疹、紫斑、脂肪織炎)が悪化することがあります。足の下の方に酸素飽和度の低い血液が長時間停滞しているために、皮膚が黒ずんだり、難治性の皮膚炎を起こしやすくなります。悪化させると、小さな掻き壊しの傷でも潰瘍形成してしまうことがあります。
また、停滞した血液が固まり血栓性静脈炎を起こすと痛みの症状を伴うことがあります。悪化させないうちに治療することをお勧めします。

下肢静脈瘤の症状を放っておくと

下肢静脈瘤は基本的に良性の疾患ですから弾性ストッキング着用で経過観察することも可能です。悪化予防と症状の改善のために治療前後も弾性ストッキング着用をお勧めします。ストッキングがきつくて履けない方には、弾性包帯を巻いていただく方法もあります。ストッキングは外来診察にてその方に適したタイプを選択し、注文販売しています。

診療予約のご案内

診療予定表をご確認の上、下記電話番号にて根岸医師の外来をご予約ください。

診療予約受付:電話番号03-3261-0430 (9:00-17:00・日曜/祭日を除く)
ページの先頭へ戻る