多汗症(手掌多汗症、手汗)(たかんしょう・しゅしょうたかんしょう・てあせ)
汗っかき体質と決めつけず、一度受診をしてみて下さい。
【監修/黒川良望医師】
関連キーワード
  • 手汗
  • 多汗症
  • 手掌多汗症
  • 手術

治療方法

手のひらの多汗症の内視鏡手術(ETS手術)

多汗症手汗手掌多汗症)の治療法には、心身療法(心理療法、自律訓練法、精神安定剤による治療)、薬物療法(プロバンサインという神経遮断薬やアルミニウム配合の外用制汗剤による治療)のほか、イオントフォレーシスというイオン発生装置を使った治療(水の中に手を入れます)や、胸部交感神経遮断手術があります。薬物療法やイオントフォレーシスは、一時的には改善が見られますが多汗症(手掌多汗症)の根治には至らず、繰り返し治療が必要になる場合が多いようです。
原因のところにも書きましたが、交感神経の機能亢進が多汗症の原因なので、その神経を切り取ったり焼いたりして神経の働きを止めると、汗はピタリと出なくなります。つまり多汗症に対して胸部交感神経遮断手術は確実な効果が期待できます。しかし、大がかりな開胸手術である上、大きな傷も残るので、あまり普及しませんでした。

こうしたなかで最近注目されているのが、手のひらの多汗症(手掌多汗症)の内視鏡手術(ETS手術)です。

内視鏡手術とは、皮膚に小さな傷をつけ、そこからカメラのついた細い管を入れて患部を見ながら手術する方法をいいます。手のひらの多汗症(手掌多汗症)では、腋の下の皮膚を2~4ミリほど切ってカメラを胸腔(きょうくう:肋骨で囲まれたスペース)に入れ、モニター画面で胸のなかを見ながら、背骨の近くにある交感神経の束を見つけて切断します。左右両方の交感神経切断が必要です。
多汗症内視鏡手術の手術時間は、両側で10分程度です。当院の場合、片側で3ミリの傷を2ヵ所作って手術します。
傷あとは手術直後から目立ちません。また傷は極めて小さいので、手術後の痛みを訴える患者さまはほぼいません。

手のひらの多汗症(手掌多汗症)の内視鏡外科手術のメリットをまとめると、傷が小さいこと、手術時間が短いこと、したがって患者さんの身体的負担が軽いこと、手術の当日に帰宅できて翌日から普段の生活に戻れることなどです。
もちろん健康保険も適用されます。

手術の副作用について

適切に行われた多汗症の内視鏡手術(ETS手術)のあとは、手のひらの汗は確実に少なくなります。それと同時に、多くの場合は腋の下や首の汗も少なくなりますし、場合によっては顔面や頭部の汗も少なくなります。
発汗は体温を下げる効果を持っているので、多汗症手術後に汗が少なくなって首や顔が暑く感じられるという人がかなりいます。また、多汗症手術後に胸や胴や大腿部の汗が多くなったという人が30~70%います。これを代償性発汗と呼んでいます。
多汗症手術後の代償性発汗の程度は個人差が大きく、どの程度の代償性発汗が出るかを手術前に予測することは不可能です。しかし、起きている間はずーっと発汗している多汗症と違い、気温が高い時や運動時の発汗が多くなるだけなので、いろいろな工夫をすることで対応できるようです。
なお、多汗症手術後に手のひらがカサカサになって保湿液が欠かせないという人が多く、特に冬にはひび割れなどができることもあるようです。このように多汗症手術後にもそれなりの悩みがあるのですが、手術の前と後を比べてどちらの状態がよいかとお聞きすると、95%以上の方は手術後と答えられます。
これが、手のひらの多汗症(手掌多汗症)の治療としてETS手術が推奨されている大きな理由のひとつです。

診療予約のご案内 (診療のWeb予約はこちら
多汗症(手掌多汗症、手汗)について、ご質問、ご相談がございましたら
お気軽に下記番号までご相談下さい。
診療予約受付:電話番号03-3261-0430 (9:00-17:00・日曜/祭日を除く)

治療の流れ

手のひらの多汗症の内視鏡手術を受けるには

四谷メディカルキューブでは、手のひらの多汗症の内視鏡手術を受ける患者さまの初診から手術・術後フォローを、基本的に以下のように計画し、実施しています。

まず、電話にて外来受診のご予約をしていただきます(外来予約受付電話番号03-3261-0430)。

外来初診

多汗症の程度を診察して適切な治療法を決定します。 まずは同じ症状をもつ患者様に多汗症とその手術について合同の説明をさせていただきます(約15分)。その後、順次お一人ずつに診察時間を15分程度とり、症状の診察と充分なご説明をさせていただきます。手術が必要と判断された場合には、手術日を決定して、その日のうちに術前の検査と麻酔科診察をします。初診時には検査を含め2~3時間を要しますので予めご了承ください。

手術日当日あるいは前日

標準的には手術の当日に来院していただき、そのまま手術となります。
手術時間は左右両側を施行したとしても計10分~20分程度です。麻酔の準備と術後の覚醒時間をいれて、手術室の滞在時間は40分ほどです。
麻酔は全身麻酔で行います。当院では手術中の変化に即座に対応できるよう、麻酔科指導医(麻酔科専門医を育成・指導する立場にある)が3名常勤し大学病院に匹敵する手術体制を整えています。
(内視鏡手術に特化した「きずの小さな手術センター」については、「手術・入院案内」トップページをご覧ください)

手術室を出てからは宿泊室で休んでいただきます。約40%の方が手術日に1泊入院され、約60%の方が日帰り手術として手術当日に退院されています。

手術後

特別なことがない限り来院される必要はありませんが、多汗症手術の効果や副作用を調べるために3か月から6か月後に一度来院していただくようにしています。

≫手掌多汗症の手術を受けられた方の体験記
私は、覚えている限り小学生の頃から手汗に悩んでいました。症状の程度としては…
専門学生です。記憶のある限り中学の頃から手足に発汗を感じ、それが気になり始めたのは高校の時…

当院での治療実績について

2015年度 胸腔鏡下交感神経節切除術 450
2014年度 胸腔鏡下交感神経節切除術 488
2013年度 胸腔鏡下交感神経節切除術 385
2012年度 胸腔鏡下交感神経節切除術 388
2011年度 胸腔鏡下交感神経節切除術 249
診療予約のご案内 (診療のWeb予約はこちら
多汗症(手掌多汗症、手汗)について、ご質問、ご相談がございましたら
お気軽に下記番号までご相談下さい。
診療予約受付:電話番号03-3261-0430 (9:00-17:00・日曜/祭日を除く)
ページの先頭へ戻る
スマートフォンサイトを表示