逆流性食道炎(胃食道逆流症・GERD)
日本人の間で増加中の疾患(肥満・高齢・ストレス増などが原因)
【監修/関洋介医師】
関連キーワード
  • 逆流性
  • 食道炎
  • 逆流症
  • 胸やけ
  • 手術
逆流性食道炎(図)

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎(胃食道逆流症・GERD)とは、胃液などの逆流による食道の炎症をいいます。胃液には胃酸が含まれていますが、胃酸はpH1.0~1.5と非常に強い酸性を示します。これが食道(pH 7.0と中性に保たれている)に逆流すると、食道の粘膜に炎症を起こします。食生活の欧米化、肥満、高齢、ストレス増などが原因となり、最近、日本人に逆流性食道炎が増えています。

逆流性食道炎の症状

“胸やけ“がもっともよくみられる逆流性食道炎の症状で、みぞおちの辺りから胸の下の方へかけて、焼けつく、あるいは、熱くなるような不快感が出現します。のどの方まで上がってくる感じや、痛みを伴う場合もあります。その他、逆流性食道炎の代表的な症状には図の様なものがあります。

逆流性食道炎の症状一覧

食道のしくみ

食道のしくみ食道には口から入った食物をぜん動運動によって胃の中に送り込む輸送機能があります。また、食道には食べたものが逆流しないように、逆流防止機能が備わっています。

食道裂孔食道は横隔膜(おうかくまく)を貫く食道裂孔(しょくどうれっこう)を通って胃に通じています。横隔膜は、食道をしっかりと支える働きをしています。

胃液(胃酸)が逆流しやすくなる原因

〔逆流性食道炎の原因〕下部食道括約筋のゆるみ
下部食道括約筋(LES)のゆるみ
A. 下部食道括約筋(LES)のゆるみ
年齢とともに、食道と胃のつなぎ目でバルブのような働きをしている筋肉である“下部食道括約筋(LES)”のしまりが悪くなり、胃酸が食道の方へ逆流しやすくなります。
〔逆流性食道炎の原因〕食道裂孔のゆるみ
食道裂孔のゆるみ
B. 食道裂孔のゆるみ
食道裂孔も食道と胃のつなぎ目を締めていますが、やはり年齢とともに緩んでしまい、ここから胃がはみだす“食道裂孔ヘルニア”になることがあります。こうなるとさらに胃液が食道の方へ逆流しやすくなります。

C. 胃の圧力が上がる
肥満や妊娠などでも胃に圧力がかかり、逆流性食道炎になりやすくなります。

診療予約のご案内
外来診療は予約制となっておりますので、予約専用電話番号にてご予約ください。
診療予約受付:電話番号03-3261-0430 (9:00-17:00・日曜/祭日を除く)
ページの先頭へ戻る