改善効果・治療の流れ

減量手術による肥満合併症の改善効果

高度肥満に対する外科的治療によって、肥満による減量効果とおもな合併症の改善効果は、次のようになっています。

  胃バイパス術 バンディング術 減量手術全体
超過体重減少率 1) 61.60% 47.50% 61.20%
平均体重減少kg 1) 43.5kg 28.6kg 39.7kg
術死率 1) 0.50% 0.10%  
術後合併症率 2) 7.90% 7.20%  
再手術率 2) 1.10% 5.30%  
満足しない減量の率 2) 1.00% 13.00%  
糖尿病治癒率/改善率 1) 83.7% / 93.2% 47.9% / 80.8% 76.8% / 86.0%
高血圧治癒率/改善率 1) 67.5% / 87.2% 43.2% / 70.8% 61.7% / 78.5%
高脂血症改善率 1) 96.90% 58.90% 79.30%
睡眠時無呼吸改善率 1) 94.80% 68% 83.60%

1) Bariatric surgery: a systematic review and meta-analysis. Buchwald H, AvidorY, BraunwaldE et al: JAMA. 2004 14:1724-37
2) Brazil Sao Paulo Gastro ObesoCenterでの同一スタッフによる腹腔鏡下胃バイパス術:2012人、腹腔鏡下バンディング術1174人の検討(2005年IFSO発表)

ページの先頭へ戻る

治療の流れ

詳しくは、減量手術.com(治療の流れ)をご覧ください。

1予約お申込み
お電話もしくはWeb予約にて減量・糖尿病外科外来の受診予約をお取り下さい。
予約電話番号:03-3261-0430
≫Web予約
2減量・糖尿病外科 初診
セミナー、診察
減量外科治療について正しく理解していただくために、治療を希望される方には担当医師、管理栄養士や運動トレーナによるセミナーを受けていただきます。身長・体重などの測定後、診察となります。
3術前検査
全身状態を評価するために、各種検査(血液検査・内視鏡検査・レントゲンなど)を行います。
その他、管理栄養士や薬剤師による面談を実施いたします。
4手術説明
担当医師より手術可否について説明し、手術日・術式を決めます。
その他、麻酔科医による診察や、入院説明などがあります。
5入院~手術
手術日の前日または当日に入院していただきます。入院期間は通常2~5日間です(術式により異なります)。
手術時にはご家族に来院していただきます。
5フォローアップ外来
減量外科治療の目的は、肥満を解消し、合併症を改善することで生活の質を改善し、患者さんにより充実した人生を長く歩んでいただくことです。その目的のために、医師や各専門スタッフが長期的にサポートいたします。手術後、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、その後半年から1年ごとに定期検診を行います。
ページの先頭へ戻る

費用について

2016年4月より、減量手術の術式の一つである腹腔鏡下袖(スリーブ)状胃切除術のみ、保険診療で行えるようになりました。
保険適応基準を満たさない場合、あるいは、腹腔鏡下胃バイパス術、腹腔鏡下胃バンディング術、腹腔鏡下スリーブバイパス術、内視鏡下調節性胃内バルーン留置術は従来通り、自費診療で行います。

※詳しくは減量.comをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

診療予約のご案内
診療予約受付:電話番号03-3261-0430 (9:00-17:00・日曜/祭日を除く)
ページの先頭へ戻る