担当医師

担当医師

減量手術は開腹手術(お腹を大きく切って行う手術)ではなく、腹腔鏡手術(内視鏡によるきずの小さな手術)で行います。高度肥満の患者さんの腹腔鏡手術は高度な技術を要するため、日本で行うことの出来る医師は限られています。当センターの外科医2名(笠間医師、関医師)は、これまでに海外も含め1000例以上と国内屈指の豊富な執刀経験を有しています。

笠間 和典 医師

笠間 和典 医師
減量・糖尿病外科センター長

■資格
  • アジア太平洋肥満代謝外科学会理事長
  • 日本内視鏡外科学会理事
  • 日本肥満症治療学会理事
  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医
  • 日本消化器外科学会認定医
  • 麻酔科標榜医
  • Fellow of American College of Surgeon(FACS)
  • International Center of Excellence for Bariatric SurgerySM認定医
  • ベネズエラ肥満代謝外科学会名誉会員
  • インドネシア内視鏡外科学会名誉会員
■略歴
  • 群馬大学医学部卒業
  • 群馬大学医学部 麻酔・蘇生科
  • 大阪大学特殊救急部
  • 亀田総合病院 外科医長
  • 三省会 堀江病院 外科部長
関 洋介 医師

関 洋介 医師

■資格
  • 日本外科学会認定医・専門医
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医
  • 麻酔科標榜医
  • 日本内視鏡外科学会縫合・結紮講習会講師
    医学博士
  • International Center of Excellence for Bariatric SurgerySM認定医
■略歴
  • 大阪大学医学部卒業
  • 公立学校共済組合近畿中央病院外科・麻酔科
  • 大阪大学医学部大学院消化器外科
  • Clinical fellow, Department of Digestive Surgery, Flinders University and Adelaide Bariatric Centre, Australia
  • 大阪府立成人病センター大腸外科診療主任
  • Visiting assistant professor, Department of Surgery, University of Minnesota, USA
ページの先頭へ戻る

診療予約のご案内
診療予約受付:電話番号03-3261-0430 (9:00-17:00・日曜/祭日を除く)
ページの先頭へ戻る