医療法人社団あんしん会 四谷メディカルキューブ セコム提携医療機関

東京都弁護士協同組合 組合員の皆様へ

人間ドック割引特典のご紹介

総合コース(PET/CTあり、2日間コース)

初めて人間ドックを受ける方にお勧め。がんや心臓病、脳卒中などの早期発見に。

所用時間 1日目 : 男性・約6時間 女性・約7時間半
2日目 : 男女ともに約3時間
主な検査項目 PET/CT CT MRI 胃内視鏡 超音波検査 心電図検査 マンモグラフィ 乳腺超音波 経腟超音波 その他検査
検査項目 詳細
問診・診察  
身体測定 [身長・体重・体脂肪率・腹囲・血圧] 血圧測定では、高血圧や低血圧を調べます。
目の検査 視力
ものをはっきりと正確に見ることができるかを調べる検査です。
眼圧
眼の圧力(眼圧)を測定する検査です。眼圧が高くなり眼の機能がおちる病気を緑内障といい、眼科での精密検査が必要となります。
眼底撮影
眼底・網膜・血管・黄班部を観察する検査です。
聴力検査 耳の聞こえを調べる検査です。
骨密度検査 骨を構成するカルシウムなどのミネラル成分がどのくらいしっかり詰まっているのかを表すものです。 骨粗しょう症の程度が分ります。
血液検査 一般検査
血液中の成分を測定して、関連する病態を調べます。
腫瘍マーカー
悪性腫瘍の補助診断になるものを腫瘍マーカーといいます。当施設では、PET/CTやエコー検査、などの結果と合わせて、腫瘍マーカーの結果を診断しております。
・AFP
・CEA
・CA19-9
・エラスターゼ1
・PSA ※男性のみ
・CA125 ※女性のみ
尿検査
(尿定性・尿沈渣)
尿検査では、タンパク、糖、潜血、ウロビリノーゲンの定性検査(各成分が尿中に排出されている量が多い、少ない、ほとんどなしなどを調べます)を行います。糖尿病、腎臓や泌尿器疾患などの発見に役立ちます。
PET/CT検査※1
(上顎部~大腿部)
がんの早期発見の他、がんの性質(悪性度)診断や転移・再発巣の診断、あるいは治療効果判定に用いられる最新の検査です。
脳・脳血管の検査 頭部MRI
MRI検査とMRA検査を併用することにより脳腫瘍及び脳卒中の危険因子を無症状のうちに発見することを目的として行われます。
頭部MRA
MRI検査とMRA検査を併用することにより脳腫瘍及び脳卒中の危険因子を無症状のうちに発見することを目的として行われます。
甲状腺の検査 甲状腺機能[血液]
甲状腺超音波
甲状腺の大きさや形、腫瘍の有無などを調べ、甲状腺の病気を詳しく調べます。
動脈硬化の検査 脈派伝播速度
脈派伝播速度とは、心臓から押し出された血液により生じた拍動(脈波)が、血管を通じて手や足に伝わる速さのことをいいます。動脈硬化の程度が類推できます。
下肢上肢血圧比
下肢上肢血圧比とは、上腕の血圧と足首の血圧の比を調べることで、足の血管の狭窄の程度を判定する検査です。
頸部超音波
脳に血液を送っている頸部の太い血管の動脈硬化の程度を評価する検査です。
循環器の検査 安静時心電図
心臓内を流れる微少電流を、胸や手足につけた電極から心電計に導いて増幅し波形として記録したものが心電図です。心臓の虚血性変化、不整脈の有無などが分ります。
心臓超音波
心臓の動きを調べる検査です。心臓の大きさや心臓壁の厚さ、心臓壁の運動や弁の動きの状態(弁の狭窄や逆流)、心臓内での異常物の有無等を観察し、心疾患の診断を行います。
BNP[血液 心機能を評価]
呼吸器の検査 胸部CT
胸部CT検査は肺ガンの早期発見や、肺繊維症などの肺疾患、胸部大動脈瘤、冠動脈の石灰化、心膜の肥厚や石灰化・腫瘍の診断に有用です。
呼吸機能
喀痰細胞診
消化器の検査 上部消化管内視鏡
内視鏡により、食道、胃、十二指腸疾患の内腔を観察し、病変を見出す方法です。
ペプシノーゲン
胃がんのリスクの高い方をふるい分ける方法としてがん検診にも使われる血液検査です。
ヘリコバクターピロリ菌
陽性を示す場合、ヘリコパクター・ピロリ感染症(胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性胃炎)に感染している可能性が高くなります。血液で抗体を調べるため検査のリスクはありません。
腹部超音波
肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、脾臓などを観察します。癌や結石、胆嚢ポリープの有無などが分ります。
便潜血反応検査
下部消化管からの出血を見つけるのに適しています。陽性の場合は大腸の病気が疑われるため、内視鏡検査などの精密検査が必要になります。
泌尿器の検査
※男性のみ
膀胱超音波
膀胱癌や膀胱結石などの有無を調べます。
乳腺の検査
※女性のみ
マンモグラフィ※2
乳房のX線撮影です。症状のない乳がんの検出に最も有効的な方法です。発見率は、視触診のみによる検査よりも3~4倍も高いといわれています。
乳腺超音波
良性腫瘍、悪性腫瘍、乳腺症、嚢胞などの診断に有効です。
婦人科の検査
※女性のみ
内診
経膣超音波
膣に超音波の器具の先端を入れ、子宮や卵巣の状態を調べます。超音波の器具はつるつるしていて細いものなので痛みはほとんどありません。超音波検査は距離が遠いとよく見えません。膣は子宮や卵巣のすぐ近くですので、おなかの上からみる超音波検査よりよく見えます。子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣の腫瘍などに超音波検査がとても有効です。
子宮頚部細胞診
子宮がんの検査です。子宮がんには子宮頚部にできる子宮頚がんと、子宮体部にできる子宮体がんがあります。頚部細胞診では、頚部を綿棒で触って細胞を採取し、悪性細胞がないか検査します。
骨盤MRI
子宮がん・子宮筋腫・卵巣腫瘍・骨盤内膜症・膀胱腫瘍などの病気を見つけることができます。
お食事※3 1日目または2日目の昼食

※1:総合健診の際、PET/CTを除いたコースでは含まれません。また検査の性質上、検査時の血糖値が高い場合や検査当日に血糖値を下げる薬やインスリンを使用した場合、検査の精度に影響が出ることがあります。医師の判断で明らかに検査の精度が低下することが見込まれる場合は検査を中止する場合があります。

※2:妊娠中、または妊娠の可能性がある方、心臓ペースメーカーをご使用の方はマンモグラフィ検査をお受けいただけません。また、人工物を挿入する豊胸手術・乳房再建術を受けられている方はマンモグラフィ検査をお受けいただけない場合があります。なお、いずれに該当する方も乳腺エコーはお受けいただけます。

※3:ご案内する人間ドックコースのスケジュールによりご用意する日程が異なります。

通常価格(男性):¥378,000(税込) 組合員様向け価格:¥345,600(税込)

通常価格(女性):¥421,200(税込) 組合員様向け価格:¥388,800(税込)

総合コース(PET/CTなし、1日コース)

なかなか時間がとれない方にお勧め。

所用時間 男性:約6時間  女性:約7時間半
主な検査項目 CT MRI 胃内視鏡 超音波検査 心電図検査 マンモグラフィ 乳腺超音波 経腟超音波 その他検査
検査項目 詳細
問診・診察  
身体測定 [身長・体重・体脂肪率・腹囲・血圧] 血圧測定では、高血圧や低血圧を調べます。
目の検査 視力
ものをはっきりと正確に見ることができるかを調べる検査です。
眼圧
眼の圧力(眼圧)を測定する検査です。眼圧が高くなり眼の機能がおちる病気を緑内障といい、眼科での精密検査が必要となります。
眼底撮影
眼底・網膜・血管・黄班部を観察する検査です。
聴力検査 耳の聞こえを調べる検査です。
骨密度検査 骨を構成するカルシウムなどのミネラル成分がどのくらいしっかり詰まっているのかを表すものです。 骨粗しょう症の程度が分ります。
血液検査 一般検査
血液中の成分を測定して、関連する病態を調べます。
腫瘍マーカー
悪性腫瘍の補助診断になるものを腫瘍マーカーといいます。当施設では、PET/CTやエコー検査、などの結果と合わせて、腫瘍マーカーの結果を診断しております。
・AFP
・CEA
・CA19-9
・エラスターゼ1
・PSA ※男性のみ
・CA125 ※女性のみ
尿検査
(尿定性・尿沈渣)
尿検査では、タンパク、糖、潜血、ウロビリノーゲンの定性検査(各成分が尿中に排出されている量が多い、少ない、ほとんどなしなどを調べます)を行います。糖尿病、腎臓や泌尿器疾患などの発見に役立ちます。
脳・脳血管の検査 頭部MRI
MRI検査とMRA検査を併用することにより脳腫瘍及び脳卒中の危険因子を無症状のうちに発見することを目的として行われます。
頭部MRA
MRI検査とMRA検査を併用することにより脳腫瘍及び脳卒中の危険因子を無症状のうちに発見することを目的として行われます。
甲状腺の検査 甲状腺機能[血液]
甲状腺超音波
甲状腺の大きさや形、腫瘍の有無などを調べ、甲状腺の病気を詳しく調べます。
動脈硬化の検査 脈派伝播速度
脈派伝播速度とは、心臓から押し出された血液により生じた拍動(脈波)が、血管を通じて手や足に伝わる速さのことをいいます。動脈硬化の程度が類推できます。
下肢上肢血圧比
下肢上肢血圧比とは、上腕の血圧と足首の血圧の比を調べることで、足の血管の狭窄の程度を判定する検査です。
頸部超音波
脳に血液を送っている頸部の太い血管の動脈硬化の程度を評価する検査です。
循環器の検査 安静時心電図
心臓内を流れる微少電流を、胸や手足につけた電極から心電計に導いて増幅し波形として記録したものが心電図です。心臓の虚血性変化、不整脈の有無などが分ります。
心臓超音波
心臓の動きを調べる検査です。心臓の大きさや心臓壁の厚さ、心臓壁の運動や弁の動きの状態(弁の狭窄や逆流)、心臓内での異常物の有無等を観察し、心疾患の診断を行います。
BNP[血液 心機能を評価]
呼吸器の検査 胸部CT
胸部CT検査は肺ガンの早期発見や、肺繊維症などの肺疾患、胸部大動脈瘤、冠動脈の石灰化、心膜の肥厚や石灰化・腫瘍の診断に有用です。
呼吸機能
喀痰細胞診
消化器の検査 上部消化管内視鏡
内視鏡により、食道、胃、十二指腸疾患の内腔を観察し、病変を見出す方法です。
ペプシノーゲン
胃がんのリスクの高い方をふるい分ける方法としてがん検診にも使われる血液検査です。
ヘリコバクターピロリ菌
陽性を示す場合、ヘリコパクター・ピロリ感染症(胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性胃炎)に感染している可能性が高くなります。血液で抗体を調べるため検査のリスクはありません。
腹部超音波
肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、脾臓などを観察します。癌や結石、胆嚢ポリープの有無などが分ります。
便潜血反応検査
下部消化管からの出血を見つけるのに適しています。陽性の場合は大腸の病気が疑われるため、内視鏡検査などの精密検査が必要になります。
泌尿器の検査
※男性のみ
膀胱超音波
膀胱癌や膀胱結石などの有無を調べます。
乳腺の検査
※女性のみ
マンモグラフィ※1
乳房のX線撮影です。症状のない乳がんの検出に最も有効的な方法です。発見率は、視触診のみによる検査よりも3~4倍も高いといわれています。
乳腺超音波
良性腫瘍、悪性腫瘍、乳腺症、嚢胞などの診断に有効です。
婦人科の検査
※女性のみ
内診
経膣超音波
膣に超音波の器具の先端を入れ、子宮や卵巣の状態を調べます。超音波の器具はつるつるしていて細いものなので痛みはほとんどありません。超音波検査は距離が遠いとよく見えません。膣は子宮や卵巣のすぐ近くですので、おなかの上からみる超音波検査よりよく見えます。子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣の腫瘍などに超音波検査がとても有効です。
子宮頚部細胞診
子宮がんの検査です。子宮がんには子宮頚部にできる子宮頚がんと、子宮体部にできる子宮体がんがあります。頚部細胞診では、頚部を綿棒で触って細胞を採取し、悪性細胞がないか検査します。
骨盤MRI
子宮がん・子宮筋腫・卵巣腫瘍・骨盤内膜症・膀胱腫瘍などの病気を見つけることができます。
お食事※2 1日目または2日目の昼食

※1:妊娠中、または妊娠の可能性がある方、心臓ペースメーカーをご使用の方はマンモグラフィ検査をお受けいただけません。また、人工物を挿入する豊胸手術・乳房再建術を受けられている方はマンモグラフィ検査をお受けいただけない場合があります。なお、いずれに該当する方も乳腺エコーはお受けいただけます。

※2:ご案内する人間ドックコースのスケジュールによりご用意する日程が異なります。

通常価格(男性):¥280,800(税込) 組合員様向け価格:¥259,200(税込)

通常価格(女性):¥324,000(税込) 組合員様向け価格:¥302,400(税込)

PETコース

PET/CTを用いたがん検診

所用時間 約3時間
主な検査項目 PET/CTNONENONENONENONENONENONENONENONE
検査項目 詳細
問診・診察  
PET/CT検査
(上顎部~大腿部)
がんの早期発見の他、がんの性質(悪性度)診断や転移・再発巣の診断、あるいは治療効果判定に用いられる最新の検査です。

通常価格:¥129,600(税込) 組合員様向け価格:¥118,800(税込)

四谷メディカルキューブの人間ドック

あなたの為に私たちが出来ること

詳しく調べ、詳しく見る

少しでも検査の精度を高めたい

より正確に調べるために、各臓器毎に複数の検査を組み合わせて実施しております。

少しでも正確に診断したい

人間ドックの判定は人間が行うこと。そこに見逃しがあれば精度の高い検査を実施しても意味がありません。
四谷メディカルキューブでは、放射線科医師、検査技師による一次チェック、各臓器の専門医による二次チェック、健診医による三次チェックと、常に3段階のチェックを実施しております。

臨床の力を人間ドックに活かしたい

四谷メディカルキューブの人間ドックに関わる医療スタッフは人間ドック専任ではありません。当院のスタッフは日々、外来診療や各種の検査に関わり、様々な症例の経験を積んでおります。この経験があるからこそ、僅かな病変に気付く事ができ、より精度の高い診断が出来ると考えております。
また、当院の画像診断センターは都内でも有数の検査センターです。PET/CTを始めに年間で5万件以上の検査を実施しております。
(2016年度実績:PET/CT、CT、MRI、マンモグラフィ、その他画像検査を含め合計で50,830件の画像検査を実施。内視鏡検査は胃、大腸を合計して7,280件を実施。)

受診者様の負担を減らしたい

待ち時間を最小に

少しでも受診者様の待ち時間を無くすために、分単位での時間管理を実施しております。

落ち着いた空間でゆったりと

数多くの検査をお受け頂く受診者様の事を考え、少しでもリラックスして頂ける空間をご用意いたしました。

健診センター 総合受付