PET/CTについて

PET/CT検査とは、(1)PETの特徴=「細胞の代謝」を画像化と(2)CTの特徴=「組織の形態」を画像化の、2つを合わせ持つフュージョン(融合)検査

PET検査は、CT・MRIなどのように組織の形態を画像化するのではなく、細胞の代謝を画像化する検査です。

がんは一般的に糖代謝が活発であるため、専用の薬を用いたPET検査での検出が可能になります。しかし、PET検査は万能ではありません。 CTやMRIで得られる形態画像と併せることでさらに高い精度が得られるのです。
従来、CT検査とPET検査は、それぞれ別に撮影していたため時間差があり、検査姿勢も同じにはならないという問題がありました。

その問題を解決したのが PET/CT装置です。PET/CT装置では、代謝画像と形態画像を一度の検査で取得するため、検査時間差・姿勢の差異による部位のズレを防ぐことができ、とても精度の高い診断画像が得られます。

また代謝情報・形態情報を高精度に位置合わせした融合画像を提示することにより、検査をお受けになられる方への分かりやすい説明、インフォームドコンセントの実施が可能となります。PET/CTでの診断は、PET単独診断やCT単独診断に比べ、「病気の正診率が高い」という報告が、権威あるアメリカ医学誌ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシンをはじめ、専門学会誌などで数多く報告されています。

当院ではPET/CT装置3台が稼働し、年間検査件数9,000件を超える国内でもトップクラスのPET/CT検査施設として、高い精度の検査・読影を行なっています。 PET/CT検査のうち約7割は他医療機関からのがん診断目的の依頼検査(約4割は44大学病院から、約3割はその他医療機関から依頼)であり、「PET検査画像の画質」「専門医による読影の質」とも非常に高いレベルであるとの評価を裏付けるものと自負しております。
人間ドックにおいても、日々数多くのがん症例を読影しているPET核医学認定医が、がんの早期発見のため精度の高い読影を行なっています。

PET/CT検査を受けるには

ご予約窓口:電話番号03-3261-0412(受付時間:月~土 9:00~17:00)
ページの先頭へ戻る