薬剤科

薬剤科について

薬剤科では、医薬品の適正使用・安全確保を最優先に、医師・看護師等の医療スタッフと連携をはかり、患者さま中心のチーム医療に貢献することをめざしています。そのための薬剤に関わる様々な業務に取り組んでいます。

ページの先頭へ戻る

薬剤科の業務について

■外来処方監査
四谷メディカルキューブでは院外処方箋を発行しています。それは先般より推進されている医薬分業を実践していくためです。他院から投薬を受けている患者さまが、お薬の種類や飲み方・使い方・量に問題はないか(同じ作用のお薬が重複などしていないか等)、飲み合わせに問題はないか、患者さまのご近所の保険調剤薬局で確認して投薬が受けられるシステムを活用するためです。
当薬剤科では、発行された院外処方箋に薬剤師が目を通して処方内容をチェックし、患者さまにお渡ししています。

■調剤業務
主に入院患者さまを中心に行なっています。医師によるお薬の指示書である処方箋に従って、お薬(内服・外用・注射)の調剤をします。この時処方されたお薬が適正に使用されているか、一緒に服用・使用するお薬に相互作用がないか等確認しています。院内で調剤する場合、内服薬・外用剤では薬品のカラー写真付き薬剤情報提供書をつけて、注射薬では患者さまの名前・薬品名・用量・指示等が印刷されたラベルを貼ってお渡しています。

■製剤業務
治療上必要な薬ではあるけれど、市販されていないお薬の調製を行なっています。
調製に際して、安全性などにつき検討・確認しています。

■医薬品管理業務
四谷メディカルキューブで使われるお薬の使用期限や品質の確認をして、それぞれのお薬が適正な環境で保管されるように購入から在庫・品質管理を行なっています。

■医薬品情報業務
お薬の適正使用のために、また院内の医療スタッフからの問い合わせに対応できるように必要な情報の収集・整理・評価・提供をしています。

■病棟・外来業務
入院患者さまや院内で調剤することとなった患者さまに対して、お薬の使用法や副作用について理解していただき、適切な使用・対応が出来るよう薬剤情報提供書をお渡しして説明します。その際収集したアレルギーや副作用歴などは、電子カルテにて他の医療スタッフと共有できるようにしています。患者さまのプライバシーを守った服薬指導を行なっています。

ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る