臨床検査科

臨床検査科とは

臨床検査科は医師の指示の元、受診される方々の体の中に関する様々な検査を受け持っています。検査業務は大きく二つに分かれており、ひとつは体自身を検査する生体検査(心電図検査、超音波検査、眼底検査、etc)。もうひとつは血液・尿・便・痰などの材料を採取して検査する検体検査に分かれます。

導入されている機器は一般的に使われている物はもちろんですが、超音波検査装置(9台)については、日本でも数が少ない高性能な機器 なども揃えております。

担当する技師においても「超音波検査士」等の有資格者が担当にあたり、質の高い検査情報を医師に提供しております。日進月歩の医療界 に取り残されないよう日々勉強に励み、受診される皆さまが安心して検査を受けるよう努力をしてまいりたいと思います。 どうぞよろしくお願い致します。

ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る